ドックベストセメント

①アメリカ生まれの治療法
ドックスベストセメントとはアメリカで開発され、1990年代、アメリカの歯科医師Dr.Tim Fraserが、患者さんの口の中に残っていた銅セメントに注目して研究を始め、無害で安全で殺菌力に優れたドックスベストセメントを使った治療を開発しました。 注目すべきは痛みが少ないこと
②ドックスベストセメント治療は、虫歯を削って除去するという従来の虫歯治療とは全く異なります。虫歯を従来のようにすべて削り取るのではなく、ミネラルの力で殺菌するという方法ですので、痛みが少ないことが特長です。そのため、歯医者さんが怖いという人にもおすすめの治療法です。
③ 健康な歯まで傷つけない
ドリルを使って虫歯を取る一般的な治療の場合、虫歯の部分だけではなく、どうしても健康な歯の部分まで削ってしまうというリスクがありましした。
ドックスベストセメント治療は必要以上に歯を削らないので、従来の治療のように自分の健康な歯質を削りません。削る量が少ないため、従来の治療法より自分の健康な歯を多く残すことができます。