ファイバーコアによる治療

最近週刊誌でおすすめの治療法です。まずメタルコアとは多くの歯医者が治療の際に用いるものです。このコアの多きなメリットは特別なケースでない限り、神経を取った後のほとんど全ての歯に使用できるということです。材質には金属が用いられています。歯医者の多くは銀合金、金銀パラジウム合金などのメタルコアを使用します。カラーは銀色をしており、食べ物や口の中の状況によって黒く変色することもあります。しかし土台であるために人目につくことはほとんどありません。そのためカラーに関しては問題はありません。しかし金属であるために金属アレルギーの人には合わないこともあります。そのためアレルギー体質の人は歯医者だけではなく、医師とも相談するべきです。そのような相談は容易に行えます。またこのメタルコアは健康保険が適用されるために、安価で治療を行うことができます。
次にファイバーコアです。ファイバーコアは名前が示すとおりグラスファイバーを主とし、高強度のマトリックスレジンを重合させた土台です。弾力性があり、象牙質に近いことから歯にマッチする素材として最近多くの人から支持されています。め多くの歯医者も、この土台を患者に勧めています。なぜなら弾力性があり、象牙質に近いという特徴は治療した歯を長持ちさせることに貢献するからです。神経を抜いた歯の中は空洞になります。その中にコアを入れて歯を補強し、その上にかぶせ物を装着させるわけですが、コアが硬すぎると歯の内部、特に根を痛めてしまうことがあります。根にヒビが入ってしまったり、折れてしまったりすると、せっかく治療したにも関わらず結局その歯を抜かなければならないことになります。こうした事態を避けるために、歯医者はファイバーコアを患者に勧めています。
しかしこれは強制ではありません。またファイバーコアでなければ必ず歯に問題が生じるというわけでもありません。ただファイバーコアを使用した場合はその後問題が生じる可能性が極めて低くなります。