入れ歯(義歯)

歯を失った方への咀嚼(そしゃく)機能の回復には、一般的に入れ歯を作製して機能回復を行います。入れ歯作りでは、患者様ごとにお口の中を正確に診断し、専用の型取りを用いて治療を行います。 

1:問診
入れ歯に関するお悩みやご要望、お体の健康状態や服薬中のお薬についてお聞きします。
患者さまそれぞれのお口に合う入れ歯、ご要望に合う入れ歯の設計を検討します。

2:予備の型取り
お口の中の予備の型取りをします。
模型を作成し、口腔内の診査・診断・治療計画の立案に使います。
必要に応じて入れ歯製作前に口腔内の処置(虫歯や歯周病の治療、抜歯等)を行います。
さらに精密な型をとるため、患者様専用の型取り用トレーを作ります。

3:精密な型取り
患者様専用(オーダーメイド)のトレーを使ってお口の中の精密な型をとります。
舌の動きや、頬や口唇の動きを記録し、型取りを行います。

4:噛み合わせ
噛み合わせの高さと位置を決定します。
特殊な場合では、この段階で顎の前後左右の運動の記録も採ります。
また、見た目(審美性)を考慮した歯の大きさや色、形を選択します。

5:試適
歯を仮に並べた入れ歯を口に入れてみます。
噛み合せの位置や見た目を患者様と一緒に確認します。
 
6:装着と調整
出来上がった入れ歯を入れて、もう一度咬みあわせの調整やあたって痛いところがないかなどを調べます。
すべての調整が終わって患者さんに確認していただきます。

さまざまな入れ歯の種類

よくある入れ歯の例
 総義歯  部分義歯
総義歯 部分義歯
御希望を反映した入れ歯の例(薄い・バネなしなど)
金属床 ノンクラスプ(バネなし)
金属床 
¥150000~(税別)
ノンクラスプ(バネなし)
¥70000~(税別)