口内炎のレーザー治療

レーザーによる口内炎治療

お口の中の粘膜にできる炎症を総称して「口内炎」と呼びます。歯ぐきや頬の内側、唇、舌などさまざまな場所に生じ、多くの場合痛みを伴います。口内炎は過労やストレス、睡眠不足などによる心と体の疲れで免疫力が低下した時に粘膜に細菌が入って起きるものや、食べ物や金属、薬などのアレルギーによるもの、お口に合わない入れ歯や被せものが要因となるものなど、さまざまな種類があります。ウイルス感染から起こる「ヘルペス性歯肉口内炎」だった場合は感染後に一定の期間が経過すると抗ウイルス薬が効かなくなり、治療に時間を要することになります。当院では、口内炎が起こっている患部にCO2レーザーを照射することで治癒を促します。レーザーを当てた瞬間からつらい痛みが和らぎ、早く治すことが可能になります。炭酸ガスレーザーは、水に吸収されやすく組織の表層で熱に変わり蒸散作用が起こります。また、その作用は表層に限られ組織の深部まで至らないので、治癒も比較的早く、扱いなすいという特徴があります。

新開発のスーパーパルスにより、より効果的な照射が可能です。
歯科レーザーで行う主な治療
● 虫歯の治療と予防
    歯が強くなり、虫歯になりにくくなります。
    フッ素塗布との併用で、フッ素の効果を高めます  
● 知覚過敏
   冷たいもの・熱いものがしみる方。
    レーザー治療で歯の表面に薄い膜ができて穴をふさぎ神経を保護● 口内炎・義歯の接触痛
   鎮痛・消炎効果があります
● 歯周病
   歯と歯茎の溝にレーザーをあてて、殺菌・消炎をします 
● 根管治療(歯の根っこ・神経の治療)
● レーザー麻酔
● 止血効果
    レーザーでの切開は、痛みや出血が少なく殺菌・消毒・消炎効果により
    治癒がはやくなる。
● 顎関節症
● 歯茎の黒ずみ
    メラミン色素の沈着除去
などがあります。