矯正歯科

歯並びの不揃いや、上下の歯がお互いに噛み合わない状態を、医学的には「不正咬合」と呼びます。
矯正歯科とは、これらの不正咬合をきちんと噛み合う状態、キレイな歯並びにする歯科治療です。
専用の矯正装置を用いて、歯や顎の骨に力をかけてゆっくりと動かし、歯並びと噛み合わせを時間をかけて治していきます。

矯正治療の必要な歯並びと咬み合わせ

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上顎前突(じょうがくぜんとつ)
上の前歯が、下の歯に比べ極端に前に出た状態。出っ歯のことです。

反対咬合(下顎前突)(かがくぜんとつ)

反対咬合(下顎前突)(かがくぜんとつ)
下の前歯が上の前歯より前に出た状態。受け口のことで、横顔がしゃくれたように見える方もいます。

叢生(そうせい)

叢生(そうせい)
歯が重なり合ったり捻じれて生えてしまい凸凹に重なり合った状態。八重歯や乱ぐい歯ともいい、歯磨きがしにくく虫歯や歯周病なりやすい場合もあります。

開咬(かいこう)

開咬(かいこう)
奥歯でしっかり噛んでも、閉じた前歯が咬み合わず隙間があいてしまう状態。食べ物によっては噛み切れないこともあります。

過蓋咬合(かがいこうごう)

過蓋咬合(かがいこうごう)
噛み合わせが極端に深く、上の歯が下の歯に深くかぶさった状態。顔が短く見えたり、歯の接触が大きく損傷してしまうこともあります。

交叉咬合(こうさこうごう)

交叉咬合(こうさこうごう)
歯のかみ合わせが部分的に反対になっている状態。顔が歪んだり、食いしばりができない方もいます。

 すきっ歯・空隙歯列(くうげきしれつ)

すきっ歯・空隙歯列(くうげきしれつ)
歯と歯の隙間が開いていて、食べ物がはさまりやすく、隙間が目立ちます。

 
矯正治療を始める時期は?

子どもの場合
近い将来、あごの成長に問題が出る可能性がある場合は状態に応じ早めに第1期治療(あごの矯正治療)を行ないます。状態によっては小学校低学年のうちからの治療が必要になることもあります。
順調(正常)にあごが成長しているか?
上顎と下顎の位置や大きさなどの関係が正常か?
小学校高学年(第2次成長期)に向けて、上顎と下顎の関係が崩れる可能性は?

一般的には、あごの矯正治療(第1期治療)後は永久歯への交換が始まるまで待ちます。
永久歯への交換が始まったら、状態を診て第2期矯正治療(歯の矯正)を始めます。

大人の場合
あごや歯の状態が安定しているので、いつでも矯正治療を始めることができます。
年齢とともに歯が動きにくくなるので、早期治療をお勧めします。


矯正治療の期間はどのくらい?

一般的には治療期間は2年ほどですが1年前後の個人差があります。また歯並びを整えた後、1~2年の保定期間が必要になります。
保定期間とはあごの骨が固まり歯並びや咬み合わせが安定するまで保定装置をお口に装着して矯正治療後の状態を保つ期間です。最良の矯正治療のためにも保定装置を正しく用いて、適切な保定期間を過ごしましょう。

 
いろいろな矯正治療

マルチブラケット法
矯正治療の中でも最も一般的な矯正装置による治療方法です。
1本1本の歯にブラケット(金属)を接着してワイヤーを通し、小さい力を加えて歯を移動させて行きます。
実績があり、安価で安定した矯正治療が行なえます。

MTM矯正(部分的な矯正)
歯並びや咬み合わせなど歯列全体の治療ではなく、すきっ歯や斜めに生えた歯など部分的に直したい歯を整える矯正治療です。
早い方でしたら3ヶ月ほどで歯を整え問題を改善することができます。その後、保定装置を装着し安定させます。