3DS法

一般の方には聞きなれない3DS療法とは、某ゲームメーカーのゲーム機のことではなく、「Dental Drug Delivery System」の略で、虫歯や歯周病のリスクが高い人に大変効果的な虫歯菌や歯周病菌の除菌を行なう最新の予防方法です。
その方法は、虫歯や歯周病で今までさんざん悩まされてきて、本気で予防していきたいと考えている人に対してまず、唾液検査をし、リスクの判定を行います。その結果、一定以上のリスクが認められた場合、歯科衛生士による機械的歯面清掃を徹底的に行ないバイオフィルムを除去した後、抗菌剤と殺菌消毒薬を専用のマウスピースに注入・お口に装着し、むし歯(MS菌)や歯周病菌に直接作用させることで除菌効果を高め悪性度の高いプラーク(歯垢)の定着を抑える治療法です。
むし歯や歯周病は『細菌による感染症』であり、歯ブラシをするだけでは効果としては限界があります。実際、きちんと歯を磨いているのに、虫歯や歯周病を繰り返す人もたくさんいます。そんな方に3DS療法による除菌は大変効果的なのです。3DSを6週間続けた結果、歯周ポケットが浅くなる、出血が劇的に減るなどの効果も。また血圧が下がり、服用していた降圧剤がいらなくなった人もいたという。全身への効果についてはこれからの研究だが、歯原性菌血症を改善することで、全身の健康にもよい影響が期待できます。