GTR法

一般的に、再生療法と呼ばれる歯科治療です。歯周組織誘導再生法、もしくは、組織誘導再生法と表記されることもあります。
歯周病で失われた骨の部位に、膜を張ることによって、上皮の侵入を防ぐことが出来、歯周組織が修復するためのスペースを確保する方法が取られます。
歯周外科後に、メンブレンを挿入して、破壊されたセメント質の組織を回復させる治療が可能です。
歯周病で失われた部位に、膜を張ることによって、上皮の侵入を防ぎ、歯槽骨や歯根膜などの歯周組織を回復するためのスペースを確保することが出来るます。
失われた歯槽骨を回復する方法は、膜を作る時間や手間が必要であり、膜を露出させると失敗してしまうリスクがデメリットとなっています。