抗生物資

抜歯の後で抗生物質と痛み止めが処方されます。

高峰歯科医院では抗生物質はのみきってくださいとごせつめいします。

なぜ飲みきらないといけないのか。飲みきらないとぶり返してしまうことがあり、厄介な薬剤耐性菌を作ってしまう可能性がたかくなってしまいます。ここれが今もんだいになってることです。

薬剤耐性菌とはDNAの突然変異電で抗生物質に対して抵抗力を持った菌に変化してしまったものです。本来聞いていた抗生物質がまったく聞かなくなったしまったりしてしまうんですよ。


抗生物質をを服用すると、初めにその抗生物質に抵抗力のない菌がピストルでバンバン撃たれるように死んでいき、続いて抗生物質に少し抵抗力のあるしんでいってしまいます。

抵抗力のない菌は、抗生物質の2日程度服用で大抵の菌がしんでしまうことがおおいのでしすが、DNAの然変異で抵抗力を持った菌は、抗生物質を7日ぐらいと続けて飲まないと死なないということもおおいんです。抗生物質を4日分もらったが、痛いのがなおってしまったためにその後は飲むのをやめてしまったということ、ありませんか?勝手にのむのをやめてはいけません。

周りのの歯医者さんをみるとセフェム系である、ケフレックスやトミロンやフロモックス、マクロライド系であるクラリスなどが処方されることがおおいようです。セフェム系やマクロライ系というのは抗生物質の種類です。敵をたおすウルトラマンや仮面ライダーや悟空やルフィみたいなかんじです。

ルフィの伸びるパンチが有効とおもえルフィを処方するって感じです。たとえばマクロライド系のクラリスは7日の連続服用が必要とされています。

見た目では治っていても体の中にはまだ菌がうようよいる。というケースは多く、処方された薬をすべてのまないとと死ななかった菌が活発になってしまいます。

そしてぶり返して抵抗力のある菌がまた繁殖します。そして睡眠不足、つかれ、ホルモンの乱れによってもなじ症状がおきたときに同じ抗生物質を飲んでも効かなくなってしまうこともおおいです。

抗生物資はすこしおなかをあらすものがおおいので胃薬などとも併用してかまいません。

これから菌もどんどん進化していき、抗生物質が効かなくなることが十分考えられています。危険性をなkすために私たちにできることは、最後までしっ菌が死滅するまで抗生物質を飲むみましょう。

抗生物質にも種類はいくつかありますし症状によって回数や日数なども違ってきますのでそのあたりはご相談ください。

下高井戸駅(世田谷区)から徒歩2分でアクセス抜群、口コミ、おすすめで評判の歯医者さん、歯科治療の高峰歯科医院は歯の痛み、虫歯治療、入れ歯、歯周病、ホワイトニングの歯医者さん、歯科治療の高峰歯科医院は歯の痛み、虫歯治療、入れ歯、歯周病、ホワイトニングなどのお口の中のトラブルならば何でもご相談ください。患者様には丁寧にご説明いたします。ご予約は随時受け付けしております。