歯に詰める白いものはなにか?

虫歯になると、歯科では虫歯になってしまった部分を削って取り除き、その上に白い詰め物や銀歯を接着します。この時に使用される白い詰め物は「コンポジットレジン(CR)」と呼ばれるプラスチックです。コンポジットレジンを使用するメリットは、銀歯のように目立たないことと、保険適用内で治療できることです。
しかし、全ての歯にコンポジットレジンが適用できるわけではありません。コンポジットレジンはプラスチックで銀よりも弱い素材なので、噛む力の強い奥歯には使えません。また、虫歯が大きい場合も、割れてしまう可能性があるので使用できないことが多いです。さらに、長い間使用するとコンポジットレジンが変色する場合があります。

コンポジットレジンの接着方法
1.虫歯を削ります。
2歯とコンポジットレジンが接着しやすくなるように、プライマーという液体を削った部分に塗ります。
3プライマーが乾いたら、ボンディングという接着剤をプライマーの上に塗ります。
4コンポジットレジンを入れます。
5可視光線でコンポジットレジンを硬化させます。
6噛み合わせが合うように余分なコンポジットレジンを削り、調整します。


世田谷区下高井戸駅から徒歩3分、駅から近い高峰歯科医院は
平日夜間や土曜日・日曜日も開いてる歯医者です。
虫歯・歯周病など歯の治療や、ホワイトニング・インプラントなど
歯のことでお悩みの方は、一度当歯科医院にご来院ください。

ご予約は03-3321-4180までお電話ください。