インプラントの治療期間はどのくらいですか?

 インプラントとは、厳密にはヒトの体に埋め込む人工物のことを言います。インプラント治療とは、歯を失った個所に人工の歯を埋め込み、歯を補う治療法です。差し歯は歯の根元が残っている状態で行う治療であり、インプラントは抜歯が必要になった時に行う治療法です。

インプラントの治療期間は?
 インプラントは、一次手術と二次手術の合計2回手術を行います。一次手術では、歯茎を切開し、顎の骨にインプラントを埋め込みます。この手術は一般的に、1~3時間ほどです。この手術を終えて上顎であれば6か月、下顎であれば3か月ほど治癒期間を置き、埋め込んだインプラントと骨の結合が確認できてから、二次手術を受けることができます。
 二次手術は、インプラントと人工の歯を持続させるアバットメントの取り付けが目的です。骨は削りませんが、少し歯茎を切開し、インプラントの頭を出す必要があります。この手術から1~6週間たち傷が癒えてから、今度は患者様に合った人工の歯を作ります。この歯の装着は歯茎の切開なども必要としないため、手術は必要ありません。この歯を装着すれば、インプラント治療は終了です。


インプラント治療は、早ければ約4か月長ければ約8~9か月かかります。個人差はありますので、検討中であれば、一度歯科へ相談に行くことをおすすめします。




世田谷区下高井戸駅から徒歩3分、駅から近い高峰歯科医院は
平日夜間や土曜日・日曜日も開いてる歯医者です。
虫歯・歯周病など歯の治療や、ホワイトニング・インプラントなど
歯のことでお悩みの方は、一度当歯科医院にご来院ください。

ご予約は03-3321-4180までお電話ください。