インプラントはどのぐらいもつのか?

まずインプラントとはチタン製のねじをあごの骨に骨に埋め込み、歯の根っこの代わりとする治療法です。メリットとして、本物の歯と同じように食べ物が噛めるので、差し歯や入れ歯と違って違和感が少ないことです。
一番の利点はほかの治療と違い、となりのはをけずらなくていいことです。最大の欠点は費用の問題で高いことですね。10万から40万が相場です。
値段はなぜ違うかといいますと、その医院の治療方針、保証、メーカーなどですね。電化製品とおなじで安いのはあまりおすすめではありません。


さて、インプラントはどのくらいもつかといいますと、10年程度と言われています。インプラントメーカーが提示する保証が10年に設定されていることからこの年数になっています。入れ歯の平均寿命は5年、ブリッジの平均寿命は8年といわれているので、それらと比較するとインプラントはもちがいいですね。さらに、定期的なメンテナンスやホームケアを行えばもっと長く使うことも可能です。
当院では3年以降もった歯でまだだつらくしたようなケースはありません。しかし、一般的には10年程度とお考え下さい。

また、インプラントは術者の経験も非常に大事なのでかかりつけの先生とよく相談の上お考え下さい。

世田谷区下高井戸駅から徒歩3分、駅から近い高峰歯科医院は
平日夜間や土曜日・日曜日も開いてる歯医者です。
虫歯・歯周病など歯の治療や、ホワイトニング・インプラントなど
歯のことでお悩みの方は、一度当歯科医院にご来院ください。

ご予約は03-3321-4180までお電話ください。