歯の根の治療とは?

歯の根の治療とは?
 歯の根とは、歯の神経の部分のことです。根の神経が通っている管(根管)の汚れを取り除き、薬剤による洗浄・消毒を行い綺麗にします。



 歯の根の治療が必要な場合は?
①虫歯が神経まで達してしまったとき
 症状の例)ズキズキとした痛みがある、冷たいもの・温かいものがしみる、噛むと痛い、など
 神経まで虫歯が達してしまうと、神経を残すことはできないので、神経を取り除く必要があります。神経を取り除いてしまうと神経の根元である「根管」に細菌が侵入する恐れがあるため、この場合歯の根の治療も必要です。

②歯の根の先に病巣ができてしまったとき
 症状の例)ズキズキとした痛みがある、噛むと違和感・痛みがある、など
 神経を取り除いた後、一度歯の根の治療をした後に、神経があったところにばい菌が入り、歯の根の先に病巣が出来てしまった状態のことです。根の治療をするときは、根管を綺麗にしたうえで、薬を詰めますが、完全な無菌状態にすることは難しいです。そのため、治療を終えた数年後、数十年後に
、残っていた細菌が原因で根っこの先に病巣を作ってしまう場合があります。

歯の根の治療を放ってしまうと…
 症状が酷くなると、歯の根の先から膿が出て化膿していき、最悪の場合顎の骨を溶かしてしまいます。さらに進行すると、顎の骨が大きく溶けて歯を支えられなくなり、隣の歯にも感染が広がっていってしまいます。

歯の根の病気は、大きな病気です。病気にならないためにも、虫歯の治療はしっかりと完了させ、定期的に歯科医による検診を受けましょう。



世田谷区下高井戸駅から徒歩3分、駅から近い高峰歯科医院は
平日夜間や土曜日・日曜日も開いてる歯医者です。
虫歯・歯周病など歯の治療や、ホワイトニング・インプラントなど
歯のことでお悩みの方は、一度当歯科医院にご来院ください。

ご予約は03-3321-4180までお電話ください。