詰めたところは虫歯になりやすいのか?

こんにちは、スタッフのMです。
今日は「詰めたところは虫歯になりやすいのか」についてお話したいと思います。

虫歯になった歯は、削って詰め物をして治療することがほとんどです。しかし、歯を削って詰めると詰め物が劣化していき、材質によって錆びてしまったり、収縮・膨張することによって隙間ができてしまいます。その隙間に虫歯菌が溜まり、虫歯が再発することがあります。
このように、虫歯になった歯を詰め物で治療した後に歯と詰め物の隙間から再度虫歯になる事を二次カリエスといいます。治療後に虫歯が再発する確率はなんと80%もあります。

では、二次カリエスを防ぐにはどうすればいいのでしょうか??

1つは、歯磨きを丁寧に行う事です。
通常の虫歯と同じで日頃のケアの基本となります。口内の衛生状態によって再発のリスクは変わってきます。口内環境が綺麗なほうが当然再発のリスクは低くなります。また、歯磨きだけでは落としきれない汚れもあるので、フロスや歯間ブラシを使って磨くことも大切です。

2つめは、歯科医院の定期健診にきちんと通う事です。
口内に問題が無いかを確認することも虫歯の再発を防ぐために大切なことです。定期的に歯の状態をチェックし、良い状態を保てば再発は防ぐことができます。

このように、再発のリスクは高くても自分で予防することはできます。意識して行い、綺麗な歯を保ちましょう。


世田谷区下高井戸駅から徒歩3分、駅から近い高峰歯科医院は
平日夜間や土曜日・日曜日も開いてる歯医者です。
虫歯・歯周病など歯の治療や、ホワイトニング・インプラントなど
歯のことでお悩みの方は、一度当歯科医院にご来院ください。

ご予約は03-3321-4180までお電話ください。