老人は虫歯になりやすいか

年齢を重ねると歯にも変化が起きます。若い人よりもより虫歯になりやすい口内環境になってしまいます。主に三つの変化があります。
①歯磨きがしづらくなる
身体の自由が利かなくなってすると、歯磨きがおろそかになってしまうことが多いです。丁寧に歯磨きする事が困難になってしまい、ホームケアができなくなると虫歯になりやすくなってしまいます。
②歯ぐきが下がる
歯ぐきが退縮すると、今まで歯茎に覆われていた部分が露出してしまいます。通常、歯の表面はエナメル質という硬いもので覆われていますが、そのエナメル質の下や歯の根本には象牙質という柔らかい部分があります。歯ぐきに覆われていたはずの象牙質が露出すると、その部分が虫歯になりやすくなります。また、歯ぐきが下がることで、歯と歯の間に隙間が出来て食べ物が挟まりやすくなることも、虫歯になりやすくなる原因になります。
③唾液の分泌量が少なくなる
唾液には虫歯菌の活動を抑制する効果があります。しかし年齢を重ねるとともに唾液の分泌量は減ってしまい、口の中が乾燥して虫歯になりやすい環境になってしまいます。また、薬の副作用で唾液の分泌量が少なくなってしまう場合があります。


世田谷区下高井戸駅から徒歩3分、駅から近い高峰歯科医院は
平日夜間や土曜日・日曜日も開いてる歯医者です。
虫歯・歯周病など歯の治療や、ホワイトニング・インプラントなど
歯のことでお悩みの方は、一度当歯科医院にご来院ください。

ご予約は03-3321-4180までお電話ください。