神経を除去しても、痛みが出る場合はある?

 虫歯などによって歯の神経を取った後でも、まだ歯が痛かったり、何年後かに痛みが出る場合があります。神経が無いのに、痛みを感じるのはなぜ?と不思議に感じますよね。しかし、その痛みには理由があります。

①歯の神経を取っても、周辺組織には神経が残っている
 歯の神経は根っこから、歯を支える周辺組織にもつながっています。歯の神経を取る治療は、神経の根元を切断しますが、周辺組織に残った神経までは除去できません。神経を取った際に、何らかの理由でその周辺組織に炎症やダメージが広がっている場合、残った神経が反応し、痛みを感じてしまいます。

②歯根膜に炎症が生じている場合(歯根膜炎)
 歯根膜炎には、感染性のものと非感染性のものがあります。
 感染性のものは、治療器具が歯の神経や周辺組織を刺激することで一時的に炎症が起こり、痛みを感じることがあります。この炎症は一時的なものなので、2~3日ほどで痛みは落ち着きます。
 非感染性のものは、噛み合わせや歯ぎしり、食いしばりによる歯への負担によって、歯根膜炎を発症してしまうリスクが高くなるため、発症してしまう事もあります。

 このように、歯の神経を取ったからと言って、痛みがゼロになるわけではありません。上記以外にも、歯の被せ物の下に膿が溜まり、痛くなるケースもあります。この場合、被せ物を外し、中を綺麗にすれば痛みも無くなります。
 口内に何か異変を感じたら、早めに歯科医師に相談しましょう。





世田谷区下高井戸駅から徒歩3分、駅から近い高峰歯科医院は
平日夜間や土曜日・日曜日も開いてる歯医者です。
虫歯・歯周病など歯の治療や、ホワイトニング・インプラントなど
歯のことでお悩みの方は、一度当歯科医院にご来院ください。

ご予約は03-3321-4180までお電話ください。