歯の根の治療をうけたあと痛いのはどうしてですか?

歯の根の治療を行った後に痛みがでることがあります。それは治療が完了していないというわけではなく、歯の根の周りの神経が刺激されて痛みが出てしまう場合と、患部が急性化して炎症をおこす場合があります。
まず歯の根の治療は根管治療といいます。根管治療を行う際は歯の根にとおっている神経を取り除き、根元にある痛みの原因である菌を、繰り返し消毒をすることで治療します。
繰り返し歯の根の中を消毒することで、歯の根の周りにある歯根膜(しこんまく)という神経が刺激されて、痛みが出てしまうことがあります。この場合、ものを噛んだ時に痛みが出たり、時々刺すような痛みを感じることがあります。傷みの程度としてはそこまで強く痛むことはなく、痛み自体も1日~3日で治まる場合がほとんどなので、経過観察をして様子を見てみてください。
次に、強く痛みが出た場合についてです。歯の根に潜んでいた菌によって炎症がおきて、強く痛みが出てしまいます。この場合は頬が腫れたり、発熱することもあります。上記に当てはまる症状が出てしまった場合は、抗生物質や痛み止めを飲まなければならないので、すぐに歯科を受診することをおすすめしています。
痛みの程度が自分で判断できない場合も、不安でしたら歯科の受診することをおすすめします。お気軽にご相談ください。


世田谷区下高井戸駅から徒歩3分、駅から近い高峰歯科医院は
平日夜間や土曜日・日曜日も開いてる歯医者です。
虫歯・歯周病など歯の治療や、ホワイトニング・インプラントなど
歯のことでお悩みの方は、一度当歯科医院にご来院ください。

ご予約は03-3321-4180までお電話ください。

Recommend