歯の根の治療の後いたみがあるのですがどうしたらよいでしょうか?

 歯の根の治療後に痛む原因は、主に2つあります。
①歯の根の治療をした際に、歯の根の神経に傷がついた
 歯の根は、小さな細い針を使って治療をします。その治療の際に、歯の根の神経の部分に傷がついてしまった場合、治療後に痛みが出る場合があります。この場合おおよそ1~3日で痛みは落ち着きますし、痛み止めを飲んでもかまいませんので、特に大きな心配はありません。もし3日ほど経過してもし痛みが収まらなければ、歯科を受診しましょう。

②歯根膜炎による痛み
 ①の治療の際に、虫歯などによる細菌を完全に無くすことは難しいです。わずかに残った細菌が歯根膜に感染し、歯根膜炎を発症することがあります。酷くなると強く痛みが出たり、腫れてくることもあります。この場合抗生物質を飲まなくてはなりませんし、放っておくと顎の骨にまで影響を及ぼしてしまいますので、すぐに歯科を受診しましょう。

 歯の神経や根っこの病気にかかると、最悪の場合抜歯をしなければならないこともありえますので、痛みの程度がご自身で判断し難い場合、歯科の診療を受けるようにしましょう。



世田谷区下高井戸駅から徒歩3分、駅から近い高峰歯科医院は
平日夜間や土曜日・日曜日も開いてる歯医者です。
虫歯・歯周病など歯の治療や、ホワイトニング・インプラントなど
歯のことでお悩みの方は、一度当歯科医院にご来院ください。

ご予約は03-3321-4180までお電話ください。

Recommend