歯の根の治療中に口の中で薬品のにおいがして気になる

まず、歯の根の治療のことを根管治療といい、治療のために数回通院していただく必要があります。根っこにある細菌を取り除くために数回薬を交換しますが、この時に仮の詰め物が欠けてしまったり、隙間があった場合は薬品のにおいがすることがあります。また仮の詰め物のあいだから消毒剤がもれたばあい変なあじがすることがあります。根管治療に使われている薬の種類は主にクロラムフェニコールという抗生物質、水酸化カルシウム、ホルマリングアヤコール、ホルマリンクレゾールなどです。それも歯医者さんよって消毒剤をつかいわけてます。においがしてもそのままにしていて大丈夫ですが、口内が荒れてしまったり、強いにおいや味などがする場合は歯科を受診しましょう。すこしでも不安があるときは歯医者さんにそうだんすようにしましょう。
おもに根管治療のときの仮のふたはテンポラリーストッピングというものをつめてることがおおく熱するとはずれるようになってます。主成分は酸化亜鉛、ポリイソプレン樹脂、ワックスです。これは例えば飲み込んだとしても少量ならとくに、身体に害はないのですが、歯医者さんにそうだんしましょう。


世田谷区下高井戸駅から徒歩3分、駅から近い高峰歯科医院は
平日夜間や土曜日・日曜日も開いてる歯医者です。
虫歯・歯周病など歯の治療や、ホワイトニング・インプラントなど
歯のことでお悩みの方は、一度当歯科医院にご来院ください。

ご予約は03-3321-4180までお電話ください。

Recommend