神経をとらなとらなければいけないといわれました。どういうことなのですか?

こんにちは!スタッフのSです。今回は「神経をとらなとらなければいけないといわれました。どういうことなのですか?」という疑問にお答えしていきたいと思います。
まず、歯を抜くことと歯の神経をとることはまったくちがいます。

歯を抜くということは文字どうり歯を根からひっこぬいてしまうことです。神経をとるといくことは、冷たいもの、熱いものを感じる神経のはいってる歯の中心部まで進んでしまうと、神経や血管に細菌が感染し腐ってしまうので、その神経をとらなければいけないのです。神経だけであれば歯を抜かずにとることもできます。では歯を抜かなければならない時と、歯の神経だけを抜かなければいけない時はどう違うのでしょうか。


歯を抜くというのは、比較的簡単に早く行える処置ではあるのですが、抜いた両隣の歯が傾き、噛み合わせを悪くします。また、抜歯は持病や薬の飲み合わせ次第では行えないこともあります。一方、神経を取ることは痛みを最大限取り除け、噛み合わせや自身の持病や薬によっても左右されません。
かなり大きく広がってしまった虫歯や、神経が見えてしまっているような場合には歯の神経を取ることが痛みを除かなければいかないことがあります。

歯の神経を取った後は、歯に大きく穴があきます。この穴の中に薬を詰め、最終的に被せ物を付けて治療は完遂します。この間に薬の入れ替えのため何度か歯医者さんに通う必要があります。時間がある程度必要にはなるのですが、自身の歯を残しておくためには必要なことではあります。

歯にかなりの痛みを感じる方、知覚過敏が重篤な状態の方は、ぜひ一度当院へご相談ください。


世田谷区下高井戸駅から徒歩3分、駅から近い高峰歯科医院は
平日夜間や土曜日・日曜日も開いてる歯医者です。
虫歯・歯周病など歯の治療や、ホワイトニング・インプラントなど
歯のことでお悩みの方は、一度当歯科医院にご来院ください。

ご予約は03-3321-4180までお電話ください。