神経の治療の際に大きく穴を開けるのはなぜですか?

歯の根の事を根管治療といいます。根管治療では歯の根の先端にある炎症を起こしている部分を取り除くために、歯の内側を削って治療を行います。
治療の手順として、まず歯の内側にある神経を取り除きます。次に歯の根の先端までの道筋を作るために歯の内側をさらに削ります。そして歯の根の先端にある細菌を消毒して菌を取り除いていきます。
この神経を取る過程で、歯を削らなければなりません。根管の治療にも関わらず表面を大きく削らなければならないこともあります。また、最後に被せ物をするために接着面を広くするために削ったり、薄くなって割れてしまう可能性がある部分を取り除くために削ることもあります。被せものが外れないようにするため、歯を長持ちされるために健康な歯の一部を削ることもあります。治療の過程で気になる事や不安なことがあれば丁寧に説明いたしますので、お気軽にご相談ください。


世田谷区下高井戸駅から徒歩3分、駅から近い高峰歯科医院は
平日夜間や土曜日・日曜日も開いてる歯医者です。
虫歯・歯周病など歯の治療や、ホワイトニング・インプラントなど
歯のことでお悩みの方は、一度当歯科医院にご来院ください。

ご予約は03-3321-4180までお電話ください。