根っこの中に金属片が残っていると言われたのですがどういう事なのですか?

こんにちは!スタッフのSです。今回は「根っこの中に金属片が残っていると言われたのですがどういう事なのですか?」という疑問にお答えしたいと思います。
歯の根の治療中に、歯の根っこに金属片が残っていると言われてしまうと、少し不安になりますよね。一体なぜそのようなことになってしまうのでしょうか。また、人体にとって不都合や悪影響は出ないのでしょうか。



歯の根っこを治療するには、金属製の器具を使用します。この器具によって歯の根っこのスペースを広げるなどの処置を施します。しかし、歯の根っこの内部は非常に複雑であり、ごく稀に内部で折れてしまう事があります。もちろん取り除けそうな場合は取り除くのですが、取り除くことで傷をつけてしまい、もっと状態を悪化させてしまう事が予測される場合にはそのまま治療を進めてしまう事があります。

器具に用いられている金属は、大方ステンレスやニッケルチタン製なので、歯の根っこに残ってしまっても溶けだしてしまう事はなく、歯や人体にとって悪影響が出ることはあまりありません。歯の根の治療中に金属が残っていても、その後の治療には進める事は可能です。しかし、歯に金属片が残っていると根の先まできれいにちりょうすることができないので根尖性歯周炎があっても根本的に治療することができないため、痛くなったり腫れてきたりすることがあります。



世田谷区下高井戸駅から徒歩3分、駅から近い高峰歯科医院は
平日夜間や土曜日・日曜日も開いてる歯医者です。
虫歯・歯周病など歯の治療や、ホワイトニング・インプラントなど
歯のことでお悩みの方は、一度当歯科医院にご来院ください。

ご予約は03-3321-4180までお電話ください。

Recommend