マウスピースによる目立たない矯正

マウスピースで歯の矯正ができることをご存知ですか?マウスピース矯正装置は一般的に「クリアライナー」と呼ばれています。ブラケット(ワイヤーを通すために歯に装着する装置)やワイヤーを使用せずに、2週間ごとに新しいマウスピースと交換し、歯並びを治す新しい治療方法です。1回の交換につき約0.4~1mm程度動かせるように製作されます。主にかかる費用の目安は550,000円~1,000,000円です。治療期間は約1~2年かかり、保定期間は1~3年ほどかかります。3~5週間に1回来院していただき、毎回歯型を取り、マウスピースを作成していきます。

 ♦クリアライナーを選ぶメリット♦
・マウスピースは取り外しが可能です。食事の際は外すことができるので食事の妨げになりません。また歯磨きも通常通り行えますので、矯正中の虫歯の心配も必要ありません。
 ※治療の効果を上げるためには、食事と歯磨きの時以外の装着をお勧めします。一般的には1日20時間以上の装着が必要と言われています。
・使用するマウスピースは透明なので、目立ちません。
・ブラケットやワイヤーを使用しないため、口内を傷つけず、口内炎になりにくいです。
・毎回型を取るので、治療中でも歯の形態を変化させる虫歯などの治療も可能です。


 ♦クリアライナーのデメリット♦
・治療可能な症例に制限があります。例えば、歯のがたつきが強く抜歯が必要であったり、上下の顎の位置に前後、左右のズレがある症例は適しません。ただし、このような症例の場合は、ブラケットを装着する固定式の治療と合わせた治療は可能です。
・装着時間を守らない場合は治療が長引きます。(1日17時間以上)
・毎回型を取り、装置を作成します。
・装置が透明なため、着色することがあります。

透明のマウスピース型の矯正について説明します。クリアライナーっていいます。矯正というとロボットみたいな装置をつけて見た目が悪いですよね。でも最近はそんなものをつけなくても歯は動くんです。

クリアライナーは、厚さ0.5㎜ボクシングで使用するようなマウスピースのような器具を使って、歯を整えていきます。(針金のようなもの)や(針金と歯をとめるもの)を使用しているまわりから気づかれません。クリアライナーは、透明で薄いため仕事中でも使用しているひとは多いです。他人に気づかれクリアライナーは韓国ですすめられてきました

①「アソアライナー」とは
「クリアライナー」伴い「アソアライナー」いうことがあります。当院はASOインターナショナルと契約しています。

②使用方法
アソアライナー矯正では、最低1日17時間以上マウスピースを付ける必要があります。この時間がとても重要です。
まず歯型をおとりします。
次にその歯型を解析することにより費用、期間を説明します。

マウスピースは三種類ありソフト、ミディアム、ハードと三段階つくります。
まずソフトのマウスピースから使います。10日~2週間ほどソフトを使用したらミディアムにかえます。同じようにミディアムを10日~2週間使用したら、ハードにかえます。
このように硬さのことなるマウスピースにより歯をすこしづつうごかしていきます。初めはソフトをいれたとききついのです、最後にはハードでもきつきありません。
冒頭にも書きましたが、マウスピースの使用時間は1日17時間以上です。なるべく継続的につけます。。マウスピースの着脱回数により、マウスピースが形が変化、効果が下がってしまうこともあります。。更に、装着時間が少ないと、長期治療になってしまう可能性もあります。

当院のスタッフも、従来のワイヤーとブラケットを使用した歯列矯正の経験があります。ワイヤーを用いた矯正は、見た目が目立つ他にも、器具の尖った部で口内を傷つけられ、口内炎などができることがありました。ブラケットの間に食べ物が詰まったりもするので、口臭にも気を使いました。そういった点では、アソアライナーの方が良いのしれません。しかし、アソアライナーはすべての歯の矯正が行えるわけではありません。歯並びによってはアソアライナーで治療を行えない場合があるので、相談してみましょう。


下高井戸駅(世田谷区)から徒歩2分でアクセス抜群、口コミ、おすすめで評判の歯医者さん、歯科治療の高峰歯科医院は歯の痛み、虫歯治療、入れ歯、歯周病、ホワイトニングの歯医者さん、歯科治療の高峰歯科医院は歯の痛み、虫歯治療、入れ歯、歯周病、ホワイトニングなどのお口の中のトラブルならば何でもご相談ください。患者様には丁寧にご説明いたします。ご予約は随時受け付けしております。

 ◇クリアライナーのまとめ◇
素材(硬さ)は、ハードタイプとソフトタイプの2種類です。歯型の型どりは通院毎で、約3~5週間に1回の頻度で通院し、装置の交換は約5~10回です。(症例により回数は異なります)マウスピースは歯茎まで覆う形状で、1日17時間以上の装着が必要です。矯正中の虫歯治療は可能です。また、軽度の矯正歯科治療であれば、診断後最短で10日で開始できます。マウスピースの製作期間が短いので、すぐに治療を開始したい方に最適です。

 矯正治療は治療期間が長いので、安定的に矯正装置の製作・供給ができる体制が重要です。

 質問、検討の相談など、随時受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。