エムドゲイン治療

エムドゲイン治療とは、エムドゲインゲルを用いた歯周病の治療法です。
歯周病は私たちの身近にある病気です。軽度の歯周病であれば、ホームケアを毎日続けることで治すこともできます。しかし歯周病が進行すると、炎症が歯茎の表面だけではなく、奥まで及んでしまい、骨にも影響がでます。歯周病によって破壊されてしまった骨や組織を回復させる手段として、歯周外科手術を行います。手術の際には、失われてしまった組織を再生を再生させるために、歯周組織再生用材料というものを使用します。その材料がエムドゲインジェルです。エムドゲインゲルは、スウェーデンで開発された歯周組織再生材料です。エムドゲインゲルの主成分は、歯を構成するのに役立つタンパク質の一種です。現在では世界40ヵ国以上で使用されています。また、他の治療法では、歯周病によって失われた骨や組織を再生させることはできないといわれています。

エムドゲイン治療を行うにあたって、手術前にいくつかの検査を行います。この治療法は、すべての歯周病に対応しているわけではないので、レントゲンを撮ったり、歯周ポケットの深さを測るなどして治療を行うことができるかを調べます。

次に手術についてです。局部麻酔をして、歯肉を切開します。次に露出した歯根周りの汚れを徹底的に清掃します。歯石を除去した後、エムドゲインゲルを塗布し、切開した歯肉を縫合し、手術は終了です。経過をみて、抜糸は大体術後二週間後に行います。