虫歯治療に革命?ドックベストセメントって何?!

みなさんは虫歯治療といえば、何を想像しますか?代表的なイメージとしては歯科医院特有の「キーン」という音ともに歯を削ることを想像すると思いますが、そのイメージをくつがえす虫歯治療法が「ドックベストセメント」です。塗布するだけで、虫歯の進行や発症を抑える効果が期待できるドックベストセメントについて、詳しくご紹介してまいります。


虫歯治療は少なからず、痛みが生じる治療として一般的におこなわれてきました。虫歯治療を受ける誰しもが、歯を削らずに痛みを感じることなく虫歯治療がおこなうことができたらと、一度は考えるのではないでしょうか。

それを現実にしたのがアメリカで開発された、ドックベストセメントです。虫歯は虫歯菌が生み出す酸によって溶かされ虫歯となりますが、ドックセメントを塗布することで、虫歯の進行を抑えることができ、大変注目されている治療法です。



❙ なぜ虫歯の進行がとまるの?


ドックベストセメントは、人間の血液に含まれる銅イオンとミネラルが主成分となった人体に影響のない薬として、開発されました。従来の虫歯治療では、虫歯となった部分だけでなく虫歯に侵食していない部分までを削り、詰め物や被せ物をする治療をおおこなっています。しかし、虫歯治療をおこなっても歯と詰め物や被せ物の隙間から虫歯菌が侵入し、二次虫歯となってしまうケースが数多く報告されてきました。

しかし、ドックベストセメント使用した治療法では、虫歯となった部位にドックベストセメントを塗布することで虫歯菌を半永久的に殺菌し続けると同時に、ミネラル成分が歯を強化させ、虫歯を予防します。

【治療の手順】
虫歯をなった部分を一層残し、健康な部分を削らずに残し殺菌水で洗い流します。
ドックベストセメントを埋めて、虫歯菌を殺菌します。
ドックベストセメントの上から、被せ物や詰め物をして治療は終了となります。



❙ ドックベストセメントのメリット・デメリット

治療をおこなうまえには、メリット・デメリットを理解することが大切です。

【メリット】
・歯を削ることなく治療できる
・歯の神経を取ることを検討する状態であっても、温存することができる場合がある
・従来の虫歯治療より短時間で治療を終えることができる
・局所麻酔の必要がない
・二次齲蝕を防ぐ

【デメリット】
・保険診療ではなく自費診療
・ドックベストセメントが自費診療となるため、その上に被せる補綴物も自費診療となる。
・神経が壊死している場合には適応しない。

ドックベストセメントの治療をお考えの場合には、お気軽にご相談ください。