なぜ虫歯になるのか

こんにちは!スタッフのSです。今回は「なぜ虫歯になるのか」についてお話していきたいと思います。


虫歯(う蝕)とは、歯に残った食べかすなどが原因となり、そこに住み着いた菌が出す酸によって歯が徐々に溶けてしまう病気です。それによって歯に穴が開いたり、痛みが出たりします。
この虫歯、一体どのようにしてかかってしまうのでしょうか。また、どのようにして予防するのが良いのでしょうか。



【虫歯の原因】
虫歯の原因菌となるのは、ミュータンス菌という菌です。この菌が歯に残った糖分を元に酸を生み出します。この酸が歯を溶かし、虫歯になります。
毎日丁寧に歯磨きしているつもりでも、歯並びの関係や見えにくい箇所はどうしても磨き残しが出てしまいやすくなります。
さらに大人の場合は、弱った歯茎に菌が付着しやすくなっていたり、歯に詰め物や被せものをしている場合にはそれらの隙間に菌が入り込みやすくなります。


【虫歯の予防】
歯を磨く目安として、毎食後30分以内に歯を磨くことが良いとされています。特に先ほど挙げた歯と歯の隙間や奥歯は重点的に磨けるよう意識しましょう。
ミュータンス菌は糖分の中でもとくに砂糖を好みます。甘いお菓子や飴などを食べた後は、特に念入りに歯磨きを行うと良いでしょう。
また、唾液には殺菌作用があり、この分泌が減ることも虫歯にかかりやすくなる一つの原因です。生活習慣やストレスによって分泌が少なくなってしまうので、十分注意しましょう。


日頃のケアで虫歯は予防できます。食べ物や歯磨きを意識して、健康な歯を保ちましょう!

世田谷区下高井戸駅から徒歩3分、駅から近い高峰歯科医院は
平日夜間や土曜日・日曜日も開いてる歯医者です。
虫歯・歯周病など歯の治療や、ホワイトニング・インプラントなど
歯のことでお悩みの方は、一度当歯科医院にご来院ください。

ご予約は03-3321-4180までお電話ください。

Recommend