虫歯の原因と虫歯で歯に穴が空く理由

こんにちは!スタッフのSです。今回は「なぜ虫歯になるのか」についてお話していきたいと思います。


虫歯(う蝕)とは、歯に残った食べかすなどが原因となり、そこに住み着いた菌が出す酸によって歯が徐々に溶けてしまう病気です。それによって歯に穴が開いたり、痛みが出たりします。
この虫歯、一体どのようにしてかかってしまうのでしょうか。また、どのようにして予防するのが良いのでしょうか。



【虫歯の原因】
虫歯の原因菌となるのは、ミュータンス菌という菌です。この菌が歯に残った糖分を元に酸を生み出します。この酸が歯を溶かし、虫歯になります。
毎日丁寧に歯磨きしているつもりでも、歯並びの関係や見えにくい箇所はどうしても磨き残しが出てしまいやすくなります。
さらに大人の場合は、弱った歯茎に菌が付着しやすくなっていたり、歯に詰め物や被せものをしている場合にはそれらの隙間に菌が入り込みやすくなります。


【虫歯の予防】
歯を磨く目安として、毎食後30分以内に歯を磨くことが良いとされています。特に先ほど挙げた歯と歯の隙間や奥歯は重点的に磨けるよう意識しましょう。
ミュータンス菌は糖分の中でもとくに砂糖を好みます。甘いお菓子や飴などを食べた後は、特に念入りに歯磨きを行うと良いでしょう。
また、唾液には殺菌作用があり、この分泌が減ることも虫歯にかかりやすくなる一つの原因です。生活習慣やストレスによって分泌が少なくなってしまうので、十分注意しましょう。

①虫歯の初期症状
 虫歯の初期症状としては、歯の表面が溶かされてツヤがなくなったり、白く濁って見えたり、うっすら茶色になったりします。この段階では穴は空いておらず、痛みなどの自覚症状もほとんどありません。このような虫歯は「再石灰化」によって、削らずに健康な歯に治すことができます。

②軽度の虫歯
 歯の表面に穴が空いた状態の子よを「エナメル質虫歯」と言います。痛みは感じませんが、早めの治療が必要です。

③一般的な虫歯
 ②に症状を放っておくと、虫歯が歯の内部に広がり、象牙質(歯の主体をなす組織)まで進んだ状態になってしまいます。冷たい飲食物で痛みを感じたり、物が詰まりやすくなります。

④重度の虫歯
 これを放っておくと、虫歯は神経に達してしまいます。歯に大きな穴が空いているか、表面の穴は大きくなくても、内部に大きく広がってしまっています。神経が炎症を起こしている場合は、激しい痛みを伴います。しかし、歯の見える部分がほとんど崩壊し、歯の根っこだけ残った状態であれば、神経が死んでしまっている場合も多く、痛みを感じません。このまま細菌に感染すると、菌が根に膿がたまり、全身の健康を害する原因にもなりえます。


虫歯で歯が溶ける原因
 飲食をすると、虫歯菌によって酸がつくられます。飲食終了後は唾液の働きで口内が綺麗になりますが、唾液の分泌量が少なくなる就寝前に飲食をしてすぐに就寝してしまうと、歯の成分がどんどん溶けていきます。これを繰り返してしまうと、やがて歯に穴が空き、虫歯になってしまいます。


虫歯以外で歯が溶ける原因
 酸性の強いものを食べたり飲んだりすると、酸によって歯が溶けだしてしまうリスクがあります。歯のエナメル質からリン酸カルシウムの結晶が溶けだしてしまうのです。この症状を「酸蝕症」といいます。これは、虫歯とは違う症状です。


 上記のように、虫歯は段階を踏んで進行していきます。早い段階で気づくことができれば、最悪の事態を免れることができます。歯は24時間休むことなく働いているので、3か月~6か月に1回はクリーニングを受けることをおすすめします。
日頃のケアで虫歯は予防できます。食べ物や歯磨きを意識して、健康な歯を保ちましょう!

世田谷区下高井戸駅から徒歩3分、駅から近い高峰歯科医院は
平日夜間や土曜日・日曜日も開いてる歯医者です。
虫歯・歯周病など歯の治療や、ホワイトニング・インプラントなど
歯のことでお悩みの方は、一度当歯科医院にご来院ください。

ご予約は03-3321-4180までお電話ください。