マウスピース型矯正


今日は透明のマウスピース型の矯正について説明しますね。クリアライナーっていいます。矯正というとロボットみたいな装置をつけて見た目が悪いですよね。でも最近はそんなものをつけなくても歯は動くんです。

クリアライナーは、厚さ0.5㎜ほどの透明な薄いマウスピースのような器具を使って、歯列矯正を行います。従来のワイヤー(針金のようなもの)やブラケット(針金を留める銀色や透明の留め具)を使用している矯正のように目立ちません。また、クリアライナーは、従来のマウスピースに比べても透明度が高いことから、他人に気づかれることなく矯正を行うことが可能です。このクリアライナーは、韓国人矯正歯科医、金泰元氏によって開発された治療法です。

①「アソアライナー」ってなあに?
「クリアライナー」は、2005年から10年までの間「アソ・インターナショナル」という企業がライセンスを保持していました。そのため、「クリアライナー」ではなく、「アソアライナー」と呼ばれることもあります。
呼び名は異なりますが、「クリアライナー」と「アソアライナー」は基本的に同じものです。当院では、以下の記事ではアソアライナーと呼ぶことにします。

②使用方法
アソアライナー矯正では、最低1日17時間以上マウスピースを付けて過ごさなければなりません。この時間がとても重要です。

マウスピースは三種類あり、この三種を一回分として使用します。ソフト、ミディアム、ハードと三段階の硬さの器具があります。
まずソフトの器具から使用します。10日~2週間ほどソフトを使用したら、ミディアムへ変更します。同じようにミディアムを10日~2週間使用したら、ハードに変更します。
このように硬さの違う器具を使い分けることで、歯への負担をより軽くしながら歯を移動することができます。初めはソフトでも装着しづらかったマウスピースが、最終的にはハードでも問題なく装着できるようになります。
冒頭にも書きましたが、マウスピースの使用時間は1日17時間以上です。なるべく継続的につけていただきます。器具の取り外しの回数が多いと、器具が伸びて形が変わってしまい、効果が下がってしまいます。更に、装着時間が少ないと、長期治療になってしまう可能性や、思った通りに歯が動かない場合もあります。

当院のスタッフも、従来のワイヤーとブラケットを使用した歯列矯正の経験があります。ワイヤーを用いた矯正は、見た目が目立つ他にも、器具の尖った部で口内を傷つけられ、口内炎などができることがありました。ブラケットの間に食べ物が詰まったりもするので、口臭にも気を使いました。そういった点では、アソアライナーの方が良いのしれません。しかし、アソアライナーはすべての歯の矯正が行えるわけではありません。歯並びによってはアソアライナーで治療を行えない場合があるので、相談してみましょう。

下高井戸駅(世田谷区)から徒歩2分でアクセス抜群、口コミ、おすすめで評判の歯医者さん、歯科治療の高峰歯科医院は歯の痛み、虫歯治療、入れ歯、歯周病、ホワイトニングの歯医者さん、歯科治療の高峰歯科医院は歯の痛み、虫歯治療、入れ歯、歯周病、ホワイトニングなどのお口の中のトラブルならば何でもご相談ください。患者様には丁寧にご説明いたします。ご予約は随時受け付けしております。