洗口液と液体歯磨剤の違いとは

こんにちは!スタッフのSです。今回は「洗口液と液体歯磨剤の違いとは」についてお話したいと思います。洗口液も液体歯磨剤も、どちらも液体で口腔ケア商品なので、「名前が違うだけで同じものなのではないか」と思われる方が多いかもしれません。実は、洗口液も液体歯磨剤も違うものです。今回はその違いについてお話していきたいと思います。

洗口液は、口臭や口内浄化のために主に用いられます。デンタルリンスやマウスウォッシュなどとも呼ばれており、食後すぐに口内をリフレッシュしたい時などにも用いられます。たまに飲食店のお手洗いなどにも設置されていたりします。歯ブラシがない場合や、歯磨きが困難な場合には、口に含んでゆすぐだけなので手軽に使用できます。しかし、洗口液だけでは虫歯や歯周病の原因は取り切ることができません。そのため、ブラッシングの代わりに毎日のケアとして使用すれば良いという事にはなりません。洗口液の使用は、普段の歯磨きが難しい状態や簡単に口内リフレッシュしたい場合のみの使用にしましょう。

液体歯磨剤は、名前の通り「歯磨剤」なので歯磨きの必要があります。液体歯磨剤を口に含んだままブラッシングするか、もしくは口内をゆすいだ後にブラッシングして使用します。液体歯磨剤に期待される効果は虫歯や歯周病の予防です。通常私たちが使っている粘性のある歯磨剤が、口腔全体に行きわたりやすいように液体にしていると考えるとイメージしやすいと思います。あくまで歯磨剤なので、当然ブラッシングが必要となります。ゆすいで流すだけではあまり効果は見込めません。

このように、洗口液と液体歯磨剤は違いがあります。必ず裏面などに表記がされているので、購入をされる場合にはきちんと確認してから購入しましょう。

話が変わりますが、洗口液や液体歯磨剤を使ったときに刺激を感じたことはありますか?
洗口液や液体歯磨剤を使ったときに感じる刺激は独特なので、みなさんすぐにわかるかと思います。この刺激は何によるものなのかわかりますか?
実は、洗口液や液体歯磨剤には清浄効果や清涼感を高めるためにエタノールやペパーミントなどの香料が配合されているのです。そのため、個人差はありますが刺激を感じることがあります。

次に、子供用の歯磨剤と大人用の歯磨剤についてお話します。薬局などで歯磨剤を買う際普通の歯磨剤の近くに子供用の歯磨剤を見たことがありますか?歯磨剤には大人用のものと子供用のものがあります。まだ歯磨きが習慣づいていない子供は、大人用の歯磨剤に入っているようなハッカ系の香味を添加されているものの辛みを嫌がり、歯を磨くことを嫌ってしまう可能性があります。そのまま歯磨きを嫌って習慣づいていないと虫歯など口内環境を悪化させることに繋がってしまいます。そのため、香りや味はほとんどの子供用歯磨剤が子供の好みそうなフルーツ系の香味となっています。そうすることで歯磨きを嫌がることなくできるだけ早い機会に習慣づけることができます。また、子供用歯磨剤は子供に多い虫歯の発生を予防することを目的に作られていて、ほとんどにフッ化合物が配合されています。これにより歯磨きがまだ十分でない子供でも虫歯にならなくて済む場合があります。
子供用歯磨剤から大人用歯磨剤に切り替えるタイミングは個人差がありますが、1番大事なことは正しい歯磨きを習慣づける事です。
みなさん正しい歯磨きを習慣づけて綺麗な口内環境を作り、保ちましょう。

では、子供は何歳になったら、歯磨きを始めるとよいのでしょうか。一般的には、乳歯が生えたら歯磨きを始めるのが好ましいです。乳歯が生え始めるのは、生後8か月ごろです。はじめは、保護者の方が優しく磨いてあげましょう。初めのうちは、清潔なガーゼで汚れをふき取ってあげるのも良いでしょう。歯ブラシが持てるようになったら、自分で磨く練習を始めましょう。この時期は、歯ブラシを自分で口の中に入れることに慣れさせるためと、歯磨きの習慣作りをしましょう。慣れてきても、はじめのうちはきれいに歯を磨けないので、保護者の方も見守りつつ、手伝ってあげましょう。自分で磨けるようになってからも、保護者が後で口内を点検し、歯ブラシの届いていないところを磨きなおしてあげましょう。鏡を見ながら磨かせるなどの工夫をするのも良いですね。
子供に使わせる歯ブラシは、子供の口に合ったもので、持ちやすいものを選びましょう。そして、歯ブラシを口の中に入れたまま動き回ると、転倒してケガにつながる危険性があるので、子供が歯磨きをする際には注意を払ってください。

世田谷区下高井戸駅から徒歩3分、駅から近い高峰歯科医院は
平日夜間や土曜日・日曜日も開いてる歯医者です。
虫歯・歯周病など歯の治療や、ホワイトニング・インプラントなど
歯のことでお悩みの方は、一度当歯科医院にご来院ください。

ご予約は03-3321-4180までお電話ください。