ホワイトニングとは何か

こんにちは!スタッフのSです。今回は「ホワイトニングとは何か」についてお話したいと思います。歯のホワイトニングという言葉を耳にしたことがいらやる方は多いのではないでしょうか。しかし、言葉は聞いたことがあっても、実際何をするのか、何が目的なのかは明確には知らないという方も多いと思います。今回は、ホワイトニングとはいったい何をするものなのかを具体的に解説したいと思います。

ホワイトニングはその名の通り、歯を白くすることを言います。歯を白くする方法は、専用の薬剤とレーザーを使用して行うものと、自身の歯の形に添ったマウスピースの使用により歯を白くする方法の二種類あります。前者は一般的に「オフィスホワイトニング」、後者は「ホームホワイトニング」と呼ばれます。オフィスホワイトニングの方は濃度の濃い薬剤を使用するために短期間での効果が見込めますが、またもとに戻りやすいというデメリットがあります。逆にホームホワイトニングは長期間費やしますが、歯の白さは後戻りしにく特徴があります。どちらも保険は適用外の自費診療になってしまうので、事前に料金は確認しておくのが良いでしょう。

歯を白くする方法、と言いましたが、歯のクリーニングとの違いは何でしょうか。歯のクリーニングはあくまでも歯垢や歯石の除去を行うものです。歯を清潔に保つことが目的になります。一方のホワイトニングは、歯を白くすることが目的なので、歯についた汚れを除去することはできません。歯の表面を白く見せられるようになるのみです。

ホワイトニングを行うことで、自分の歯に自信が持てるようになります。上手に活用しましょう。

では次に、先ほど簡単にお話した2種類のホワイトニングの方法についてお話します。オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの違いは上記のもの以外にもあります。それはホワイトニングに含まれている過酸化物の違いです。オフィスホワイトニングで使う薬剤には過酸化水素が含まれている一方で、ホームホワイトニングで使い薬剤に含まれているのは過酸化尿素です。そしてこの2つの過酸化物の違いが歯に塗られてから汚れを落とすまでの時間に関係してきます。オフィスホワイトニングで使われている過酸化水素は歯に塗られたらすぐに汚れを落とし始め、歯の表面を綺麗にしていきます。一方でホームホワイトニングで使われている過酸化尿素は歯の表面に塗られてもすぐには反応せず、ゆっくりと浸透させ歯の内側から汚れを落としていきます。この2つの方法を併用することによって短期間で歯を白くし、効果を持続させることが可能となります。上記の通りオフィスホワイトニングは色が戻りやすい傾向がありますが、ホームホワイトニングを併用することによって色が戻りにくくなり、白い歯を長期的に継続させることができます。

自分に合ったホワイトニングの方法を見つけ、綺麗な口内環境を保ちましょう!

では、ホームホワイトニングの手順についてお話します。
まずは、準備段階として、ホワイトニングをする前とした後でどれくらい白くなったか、変化を後日見るために、する前の歯の色を撮影するなどして記録しておきます。その後歯をどの程度白くしたいかを話してホワイトニングの薬剤の強さを先生に決めてもらいます。そして歯全体の型を取ってマウスピースを作ったら準備完了です。
そしていよいよホワイトニングの開始です。まずは、歯をよく磨いて汚れをしっかり落とします。次にマウスピースに薬剤を入れていき、マウスピースを歯に装着します。そこで注意点なのですが、薬剤がはみ出てしまった時はティッシュでふき取ること、マウスピースは強く噛まないようにすることを気を付けてください。薬剤によって時間は異なりますが、だいたい1~2時間ほどたったらマウスピースを外し口をゆすいでマウスピースを水洗いします。最後に軽く歯磨きをしたら終了です。一週間ごとに歯の状態をチェックするように心がけてください。


世田谷区下高井戸駅から徒歩3分、駅から近い高峰歯科医院は
平日夜間や土曜日・日曜日も開いてる歯医者です。
虫歯・歯周病など歯の治療や、ホワイトニング・インプラントなど
歯のことでお悩みの方は、一度当歯科医院にご来院ください。

ご予約は03-3321-4180までお電話ください。