どうして歯は黄ばむの?!現代社会から求められるホワイトニングとは?

近年、口元の審美性を求め「歯を白くしたい」とご相談くださる患者さまも少なくありません。矯正治療で歯列を整えることが当たり前の欧米では、社会人のマナーとして、歯のホワイトニングも主流となり、世界的に有名なセレブや著名人もおこなっていることからも、日本でもホワイトニングが注目されています。そこで今回は、どうして歯は黄ばんでしまうのか、ホワイトニングとはどのようなものなのかをご紹介してまいります。


❙ どうして歯は黄ばむの?

歯が黄ばんでいることが気になり思いっきり笑えない、人と面と向かって話すのが恥ずかしい、そのような理由から、人に口元を見られることにコンプレックスを感じている人も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

歯はタバコやお茶、ワインなどの色素が沈着して黄ばんでいくことが一般的にはしられていますが、加齢によっても歯が黄ばんでいくことがわかっています。そもそも、歯の表面の色は何色かご存知でしょうか。歯の表面組織であるエナメル質は半透明であり、みなさんがイメージしている白い表面ではありません。

私たちが普段目にする歯の色は、エナメル質越しにみる象牙質の色です。象牙質はエナメル質の下の層にある歯の組織であり、白色ではなくクリーム色をしています。そのクリーム色の象牙質がエナメル質から透けて見え、歯の色が白く見えるのです。

しかし、象牙質は年齢を重ねる毎に分厚くなりクリーム色も濃くなり、次第にエナメル質越しに見える歯の色も黄色く黄ばんで見えるようになります。

歯はタバコやお茶、ワインなどで色素が沈着した場合は、専用の研磨剤や歯科医療器具を使用して除去することが可能ですが、加齢による黄ばみは、歯をいくら磨いても白くはなりません。そこで効果を発揮するのが、ホワイトニングです。




❙ ホワイトニングの種類

ホワイトニングは、歯科医院でおこなうオフィスホワイトニングと、自宅でおこなうホームホワイトニングと2種類あります。


【オフィスホワイトニング】
有資格者である、歯科医師や歯科衛生士のみが取り扱える薬品を使用し、歯を白くします。1度で効果がでるため、急いで白くしたい人などにおすすめです。

【ホームホワイトニング】
歯科医院で患者さま一人一人のマウスピースを作成し、ご自宅でホワイトニングをおこないます。1日2時間ほど装着し徐々に歯を白くし、2~4週間で効果が現れます。

今回は、どうして歯は黄ばんでいくのか?ホワイトニング方法などをご紹介いたしました。ホワイトニングをご検討の際には、お気軽にご相談ください。