歯科検診は定期的に受けなければいけないの?

みなさんは歯科医院へ定期的に受診し、歯科検診をおこなっていますか?日本では「虫歯になってから歯科医院を受診」する概念が根付いており、定期的に歯科医院へ検診に訪れる人はまだまだ少ないのが現状であります。しかし、虫歯や歯周病は初期の段階で治療をおこなうことが重要であり、定期健診は必要不可欠です。そこで今回は、定期健診についてご紹介していきます。

❙ 定期健診では何をするの?


定期健診は基本、虫歯や歯周病の有無、正しく歯磨きが磨けているかチェックをおこないます。お口の中の状況を確認し、必要に応じて処置、治療をおこないます。


【虫歯のチェック】
虫歯の早期発見、早期治療は自身の歯を生涯に渡り維持するためには必要不可欠です。
初期虫歯の段階で早期発見した場合は、歯が元の健康な状態にもどろうとする力である、再灰石化を促すためにフッ素塗布をおこなったり、虫歯治療が必要であれば、虫歯治療へと移行したりします。


【歯周病のチェック】
歯肉に炎症があるか、歯周ポケットの深さを測定し、必要に応じてレントゲン撮影をおこない、歯周病に罹患していないかチェック致します。健康だった歯肉が数カ月で歯周病へと移行してしまう場合もあるために、定期的に歯肉の状態をチェックしてもらい、状況を把握することが大切です。


【歯ブラシ指導】
定期的に歯ブラシ指導をおこないます。今までおこなっていた習慣や癖も影響し、正しい歯磨きの仕方を覚えても、徐々にもとの自己流の歯磨きの仕方に戻る傾向にあります。根気よく指導をおこない、正しい歯磨きの仕方を身に付けられるようにサポートいたします。


【歯のクリーニング】
歯磨きでは除去することができない、バイオフィルムや色素沈着などを除去していきます。バイオフィルムはその名の通り細菌の膜であり、虫歯や歯周病の原因である最近の塊である歯垢を引き寄せる役割があるために、定期的に歯のクリーニングをおこない、虫歯や歯周病予防に繋げます。


【歯垢・歯石の除去】
虫歯や歯周病の原因である歯石や歯垢を定期的に除去する必要があります。歯垢は約2日で歯石に変化してしまいます。歯石は文字通り石のように硬くなり無機化します。歯石自体は害のないものではありますが、歯石の表面はデコボコとしており、歯垢が付着しやすいために歯石が更なる歯垢を呼び寄せてしまいます。そのためにも歯磨きでは除去しきれない歯垢や歯石を定期的に歯科医院で除去する必要があります。



❙ まとめ


定期健診を受ける習慣をつけることで、虫歯や歯周病になってしまっても、治療は最小限に抑えられます。忙しい現代社会において仕事や学業に追われ、しばらく歯科医院を訪れていない人なども1度、歯科検診を受診ることをおススメ致します。是非、症状がでてから歯科医院を受診するのではなく、定期健診をおこないましょう。