ファイバーコア

【歯の土台となる「コア」】


神経を取り除き、歯の根元のみが残っている状態。ここに土台とかぶせものを施して歯としての機能を再生させます。

その土台になる部分を「コア」といいます。


ファイバーコアの写真


従来のものであれば銀の合金でできたメタルコア、プラスチックでできたレジンコアなどが使用されてきましたが、メタルコアでは金属アレルギーに対応できないといった点や、レジンコアは強度に問題があります。


そんな中、最近では新しく繊維を用いたファイバーコアが登場しました。


「土台の部分が繊維で強度に問題はないの?」という疑問が出るかもしれませんが、このファイバーコアに用いられる繊維はグラスファイバーというガラスを原料にしてできたものであり、強度や耐久性にはとても優れています。

しなやかな繊維なので噛んだ時の感覚も元の自然な歯に近い感触を得られます。


その他にもファイバーコアを使用するメリットとして見た目がよいということが挙げられます。

メタルコアを使用して上にかぶせものをした場合、かぶせもの自体がやや透明なので芯の部分がやや黒ずんで見えてしまいます。

レジンコアは見た目は白いですがその分強度に問題があります。


その点ファイバーコアは色も白く強度も心配がないので今おすすめの治療法になります。


その見た目の良さからファイバーコアは審美歯科の面でも使用されています。

グラスファイバーの使用により光が通りやすく、色味がごく自然です。そのためもともとの自分の歯とよくなじみ、自然で美しい歯を手に入れることができます。


【ファイバーコアのデメリット】


噛んだ時の感触、そして色味。全てがもともと持っていた自分の歯に近くなるというかなり良いことずくめですが、欠点もあります。


ファイバーコアはまだ日本では保険の認可がおりていないため、全額自費での治療になります。

メタルコアやレジンコアよりも費用がかかるので敬遠されることが多いです。


今後ずっと付き合っていく歯なので、自分に合ったものを選択できると良いですね。


気になる方はぜひ当院で一度ご相談ください。


世田谷区下高井戸駅から徒歩3分、駅から近い高峰歯科医院は
平日夜間や土曜日・日曜日も開いてる歯医者です。
虫歯・歯周病など歯の治療や、ホワイトニング・インプラントなど
歯のことでお悩みの方は、一度当歯科医院にご来院ください。

ご予約は03-3321-4180までお電話ください。