妊娠中って虫歯になりやすいのですか?

 妊娠中は虫歯になりやすいのか、気になりますよね。 妊娠中は、通常時よりも虫歯になるリスクが高くなります。その原因は、主に2つあります。
①つわりの影響
 妊娠中、つわりによって歯ブラシを口に入れることが困難になることがありますよね。歯を磨くことができないと、もちろん虫歯になりやすくなってしまいます。
②女性ホルモンの乱れ
 妊娠中は、女性ホルモンの乱れにより、暴飲暴食をしてしまうケースも多く、そのため虫歯になりやすくなってしまいます。その他にも、味覚が変化したり、唾液の分泌が少なくなるなどの影響があるので、口内環境が大きく変化する事も虫歯の原因と言えます。

歯の病気と言えば”虫歯”というイメージが強いと思いますが、虫歯以外にも妊娠中になりやすい口内の病気があります。赤ちゃんのためにも、どんな病気があるのか把握しておきましょう。
妊娠性歯肉炎
 妊娠初期からみられ、妊婦さんの半数以上がかかると言われている妊娠性歯肉炎。女性ホルモンの分泌増加と、つわりによる口内環境の悪化により発症します。もちろん、しっかりと歯を磨けば予防できますが、歯間ブラシなどで歯の間まで磨くことをおすすめします。
歯周病
 妊娠性歯肉炎と同じく、女性ホルモンの乱れやつわりによるものですが、歯肉炎は妊娠性歯肉炎よりも厄介です。なぜかというと、歯周病によって、早産のリスクが高まると言われています。また、歯周病は胎盤を通して赤ちゃんに感染する可能性があります。歯周病にかかってしまうと、赤ちゃんへ悪影響を及ぼしてしまうので、早めの対策・治療が大切です。

妊娠中は不安定な時期です。自覚症状が無くても、安定期と言われている妊娠中期には必ず歯医者へ行きましょう。



世田谷区下高井戸駅から徒歩3分、駅から近い高峰歯科医院は
平日夜間や土曜日・日曜日も開いてる歯医者です。
虫歯・歯周病など歯の治療や、ホワイトニング・インプラントなど
歯のことでお悩みの方は、一度当歯科医院にご来院ください。

ご予約は03-3321-4180までお電話ください。