歯の根の治療:どういう時に神経を取るのか?神経をとった後にも痛い場合というのはどういうこと?


虫歯で歯医者さんへかかると、「歯の神経を取る治療をおこないます」と歯医者さんから治療の説明を受けることがあります。
具体的にどういうときに歯の神経を取る治療をしなければならないのか、そして歯の神経を取るというのはどういうことなのか、皆さんはご存知でしょうか。

①どういう時に歯の神経を取る治療をおこなうの?
歯は複数の層から形成されています。一番外側のエナメル層が最も硬く、内側にいくほど柔らかい層になり、層の内側は歯の根っこにかけて歯の神経が走っています。虫歯になりますと一番外側のエナメル層から削られて、虫歯の進行に伴ってどんどん内側の層が露出していきます。虫歯がまだ浅く、削れてしまったのがエナメル層だけという場合は虫歯になってしまった部分を削って穴を埋めてフタをします。しかし虫歯が神経まで到達してしまうと、削ってフタをしただけではフタの中でばい菌が繁殖してしまいます。したがって、虫歯が神経まで到達した場合に歯の神経を取り除き、消毒してフタをする治療をおこないます。

②歯の神経を取るってどういうこと?
歯の神経を取る治療では歯は抜きません。歯の内部にある神経を歯の根っこの部分から丸ごと取り除きます。除去後は歯の神経があった場所に穴が空きますから、ばい菌が繁殖しないように消毒をしてフタをします。

 虫歯などによって歯の神経を取った後でも、まだ歯が痛かったり、何年後かに痛みが出る場合があります。神経が無いのに、痛みを感じるのはなぜ?と不思議に感じますよね。しかし、その痛みには理由があります。

①歯の神経を取っても、周辺組織には神経が残っている
 歯の神経は根っこから、歯を支える周辺組織にもつながっています。歯の神経を取る治療は、神経の根元を切断しますが、周辺組織に残った神経までは除去できません。神経を取った際に、何らかの理由でその周辺組織に炎症やダメージが広がっている場合、残った神経が反応し、痛みを感じてしまいます。

②歯根膜に炎症が生じている場合(歯根膜炎)
 歯根膜炎には、感染性のものと非感染性のものがあります。
 感染性のものは、治療器具が歯の神経や周辺組織を刺激することで一時的に炎症が起こり、痛みを感じることがあります。この炎症は一時的なものなので、2~3日ほどで痛みは落ち着きます。
 非感染性のものは、噛み合わせや歯ぎしり、食いしばりによる歯への負担によって、歯根膜炎を発症してしまうリスクが高くなるため、発症してしまう事もあります。

 このように、歯の神経を取ったからと言って、痛みがゼロになるわけではありません。上記以外にも、歯の被せ物の下に膿が溜まり、痛くなるケースもあります。この場合、被せ物を外し、中を綺麗にすれば痛みも無くなります。
 口内に何か異変を感じたら、早めに歯科医師に相談しましょう。


次に「歯の根の治療中に抜歯になってしまったのですがどういうことなのですか?」という疑問にお答えしたいと思います。先ほど歯の根の治療では抜歯をしませんと書きましたが、やむをえず抜歯をしなければならないこともあります。
永久歯はその名の通り抜いてしまうと二度と生えてはこないので、なるべくであれば抜きたくないものです。そのために歯の根っこの治療を行うのですが、やむ終えず抜歯になってしまうケースもあります。どんな時に抜歯になってしまうのでしょうか。

虫歯(う蝕)の治療のため、穴の開いた部分に消毒液を入れてフタをします。しかしこの治療を行っても穴の中を消毒しきれず、完全に無菌にすることは不可能です。そのため菌が歯の根っこの方まで進行してしまい、底の方で膿んでしまいます。膿むと腫れや痛みを引き起こし、これを「根尖性歯周炎」といいます。
この根尖性歯周炎によって歯の根っこが折れてしまっている場合や、病巣が大きく、近隣の他の歯にまで影響してきそうだと判断される場合には、やむを得ず歯を抜かなければならないことがあります。

当院では、根尖性歯周炎の場合でも、程度によってはなるべく抜歯をしないような治療を行っています。奥歯では歯の根っこが2本以上あるので、悪い方の歯根だけを処置することで抜歯を避けられることが可能になります。なるべく自分の歯を長く保ちたい場合には、ぜひ一度当院へお越しください。



世田谷区下高井戸駅から徒歩3分、駅から近い高峰歯科医院は
平日夜間や土曜日・日曜日も開いてる歯医者です。
虫歯・歯周病など歯の治療や、ホワイトニング・インプラントなど
歯のことでお悩みの方は、一度当歯科医院にご来院ください。

ご予約は03-3321-4180までお電話ください。