歯の神経を取るってどういうこと?


虫歯で歯医者さんへかかると、「歯の神経を取る治療をおこないます」と歯医者さんから治療の説明を受けることがあります。
具体的にどういうときに歯の神経を取る治療をしなければならないのか、そして歯の神経を取るというのはどういうことなのか、皆さんはご存知でしょうか。

①どういう時に歯の神経を取る治療をおこなうの?
歯は複数の層から形成されています。一番外側のエナメル層が最も硬く、内側にいくほど柔らかい層になり、層の内側は歯の根っこにかけて歯の神経が走っています。虫歯になりますと一番外側のエナメル層から削られて、虫歯の進行に伴ってどんどん内側の層が露出していきます。虫歯がまだ浅く、削れてしまったのがエナメル層だけという場合は虫歯になってしまった部分を削って穴を埋めてフタをします。しかし虫歯が神経まで到達してしまうと、削ってフタをしただけではフタの中でばい菌が繁殖してしまいます。したがって、虫歯が神経まで到達した場合に歯の神経を取り除き、消毒してフタをする治療をおこないます。

②歯の神経を取るってどういうこと?
歯の神経を取る治療では歯は抜きません。歯の内部にある神経を歯の根っこの部分から丸ごと取り除きます。除去後は歯の神経があった場所に穴が空きますから、ばい菌が繁殖しないように消毒をしてフタをします。




世田谷区下高井戸駅から徒歩3分、駅から近い高峰歯科医院は
平日夜間や土曜日・日曜日も開いてる歯医者です。
虫歯・歯周病など歯の治療や、ホワイトニング・インプラントなど
歯のことでお悩みの方は、一度当歯科医院にご来院ください。

ご予約は03-3321-4180までお電話ください。