昔、歯の根の治療をしたのにもう1度しなければならないのはどうしてですか?

歯の根の治療を根管治療といいいます。根管治療は、一度治療しても時間が経つと再発する可能性があります。
まず、根管治療は歯の根で炎症を起こす菌を取り除く治療です。歯の内側の神経を取り除き、歯の内側を拡大して水酸化カルシウムなどの薬を投入して歯の内側を消毒します。薬の交換を数回繰り返し、歯の内側を清潔になったら補強材を入れてかぶせものでふたをします。
歯の神経を取ってしまうのでまた痛くなることはないと思われがちですが、神経の取り残しがあった時や、感染部分を完全に取り除くことができていなかった場合は痛みが出てしまうことがあります。歯の根は極めて狭い場所で、さらに形も複雑なのでとても繊細な治療です。なので、感染部分を完全に取り除くことは難しいです。細菌を肉眼で確認することはできないので、再び菌が活性化して痛みが出る事があります。根に膿が溜まってしまうと根管治療をもう一度行わないといけなくなります。
当院では、側方加圧ではなく垂直加圧という方法をとっており、細菌が増殖するスペースをなくすような、新しい方法をおこなっております。側方加圧によるものと垂直加圧によるものではかなり再発度具合がかわってきます。


世田谷区下高井戸駅から徒歩3分、駅から近い高峰歯科医院は
平日夜間や土曜日・日曜日も開いてる歯医者です。
虫歯・歯周病など歯の治療や、ホワイトニング・インプラントなど
歯のことでお悩みの方は、一度当歯科医院にご来院ください。

ご予約は03-3321-4180までお電話ください。