入れ歯について

こんにちは。スタッフのOです。今日は入れ歯についてお話します。治療の過程で「入れ歯が必要です」と歯医者さんに言われるた場合、実際の入れ歯がどういうものなのかわからずに不安に思う方もいらっしゃるかと思います。しかし入れ歯は重要な歯の代替品です。入れ歯は患者様のお口に合わせて作られますので、快適に装着できるようになっています。

入れ歯の種類:総入れ歯と部分入れ歯
入れ歯とは失った歯の代わりに装着する器具で、種類としては総入れ歯と部分入れ歯があります。全ての歯を失っている場合は総入れ歯が必要ですが、一部の歯のみ失っている場合は部分入れ歯を使用します。材質は総入れ歯・部分入れ歯共に土台がアクリル樹脂で、歯の部分はアクリル樹脂またはセラミックで作られています。入れ歯の土台は本物の歯茎を模して着色されたポリメタクリル酸メチルというアクリル樹脂で作られています。入れ歯は歯茎に乗せるようにして装着し、その吸着力によって固定します。入れ歯安定剤を使えば食べ物などが挟まるのを防いでくれます。

次にブリッジというものについてお話します。入れ歯は歯が多数損失した場合や、両隣に支えとなる歯が無い場合などに行う取り外し可能な義歯による治療です。それに対しブリッジというのは両隣の歯を削り、上から歯が無い部分を補うように繋がったを入れる治療になります。失った歯の本数が1~2本の場合に行う治療法です。
ここで、入れ歯とブリッジの違いを紹介します。一番大きな違いは取り外しができるかどうかです。入れ歯は取り外しが可能なのに比べ、ブリッジは歯に直接固定するため取り外しができません。そのため、入れ歯よりもブリッジの方が噛む感覚は自分の歯で噛む感覚と近いです。入れ歯とブリッジの似ているところは、他の歯に負担がかかっていることです。入れ歯の場合はフックをかけた歯に負担がかかりますし、ブリッジの場合は一塊となり支えている歯への負担が大きいです。他の入れ歯とブリッジの共通点は比較的短期間で終わるというところです。

はめ込むと、口の中が自然に見える入れ歯ですが、入れ歯はどのような素材で出来ているのでしょうか。大体の入れ歯の多くはレジンという素材からできています。レジンとはプラスチック樹脂の事で、保険診療の範囲内で作ることが可能です。そのため比較的安価で作成ができます。デメリットとしては樹脂なので特有の厚みが出てしまいます。そのため、装着時に違和感を覚えやすいことや、食べ物の熱が伝わりずらいことによる違和感があります。
保険診療の対象外にはなりますが、そういった違和感を感じにくい素材で作ることも可能です。金属で出来ているものなので、樹脂に比べ薄く作っても一定の強度が保たれます。また金属製なので熱が伝わりやすく、食べ物を食べるときも普通の食事に限りなく近い状態で食事を楽しむことが可能です。食事を違和感なくお楽しみになりたい方は金属製での入れ歯の作成をおすすめします。

世田谷区下高井戸駅から徒歩3分、駅から近い高峰歯科医院は
平日夜間や土曜日・日曜日も開いてる歯医者です。
虫歯・歯周病など歯の治療や、ホワイトニング・インプラントなど
歯のことでお悩みの方は、一度当歯科医院にご来院ください。

ご予約は03-3321-4180までお電話ください。