顎関節症は全身にも影響する?歯科医院でおこなえる治療法

顎を動かすと「カクカク」音がすることはありませんか?大きな口を開けた時、あくびをした時、食事をする時にこめかみや耳の周辺痛みを覚えたことがある人は顎関節症のサインかもしれません。顎関節症は全身にも影響してしまうのか、歯科医院ではどのような顎関節症の治療をおこなっているか、詳しくご紹介していきます。

 
❙ 顎関節症のサインを見過ごさない


顎関節症は幼少のお子さまから生じる疾患です。日本人の約20%~30%の人は、顎関節症のなんらかの症状をきたしている場合がり治療が必要だと言われています。

【顎関節の主な症状】
以下の症状が1つでもある場合は、顎関節症の疑いがあります。自己判断することなく、歯科医院や医療機関などを受診することをおすすめします。

・口の開け閉めがしづらい
・口の開け閉め時に音がする
・口元、こめかみが痛い、だるい
・食事の際に違和感がある、痛みがある
・なにもしていなくても顎関節周辺に違和感がある



❙ 顎関節症は全身にも影響する?


顎関節症は口が開けづらいだけではないの?と、特に痛みがともなわない場合には軽視しまいがちではありますが、意外にも顎関節症は全身にも影響していきます。

頭痛や肩こり、背中のコリや、めまいう、耳鳴り、鼻詰まり、目の充血など一見顎関節症と関係性がないように思いがちの症状も実は顎関節症が原因だったケースも報告されており、顎関節症を放置せずに治療をおこなうことをおすすめいたします。



❙ 歯科医院でおこなう顎関節症の治療


歯科医院では、患者さま一人一人のマウスピースを製作し、睡眠時に上下の歯に装着することで、無意識の食いしばりなどを防ぎ、顎関節症の症状改善に繋げます。また、睡眠時の食いしばりの力は40kgから60kgの力が加わるとされ、歯にかなりの負担がかかっているため、歯の擁護する役割も果たします。

顎関節症は歯に負担がかかることが顎関節症の原因の1つだと考えられ、マウスピース治療の効果は有効であり、多くの患者さまがマウスピース治療をおこなうことで改善へ向かっていきます。まや、マウスピース治療だけでなく、顎関節症の症状を改善するように、顎関節症の要因と考えられている、ストレスを排除、頬杖、うつ伏せ寝、猫背など、自分でできる要因を改善し顎関節症の改善へ繋げましょう。

この症状は顎関節症かな?と感じた場合には、自己判断せずにお気軽にご相談ください。