なぜ虫歯は黒くなるの?

虫歯は黒くて当たり前?
 基本的に、虫歯は黒くなることが多いです。歯の表面の固いエナメル質が溶けだし、虫歯の原因菌となる細菌が、食物中の糖を取り込みます。その糖を分解して酸を生み出し、リン酸カルシウムのハイドロキシアパタイト(水酸燐灰石)を溶かしてしまいます。
 黒い虫歯は、削るとさほど深さはなく、浅く広範囲に広がっていることが多いですが、表面のエナメル質の下にある象牙質まで虫歯が進行したころから、黒く見え始めることもあります。黒い歯は、大人に多い慢性的な虫歯で、ゆっくり進行していくのが特徴です。


白い虫歯もある!
 白い虫歯は、主に乳歯や生えたての柔らかい歯に多くみられます。歯の表面など、平らな面にできることが多いですが、歯と歯茎の境目などにできることもあります。歯の深くまで虫歯が進んでも、黒くならないこともあり、その場合白くグズグズします。この場合、虫歯になっている部分が、見た目は小さそうであっても、内部で大きく侵食されている場合があります。白い虫歯は進行が速いのが特徴です。

歯石や飲食による着色の場合もあるので、着色による虫歯の判断は難しいです。
虫歯は、痛みが出るまではなかなか気がつきにくいですが、最悪の場合歯を抜かなければならないこともあるので、定期的に医師による検診を受けましょう。

世田谷区下高井戸駅から徒歩3分、駅から近い高峰歯科医院は
平日夜間や土曜日・日曜日も開いてる歯医者です。
虫歯・歯周病など歯の治療や、ホワイトニング・インプラントなど
歯のことでお悩みの方は、一度当歯科医院にご来院ください。

ご予約は03-3321-4180までお電話ください。