当日歯の被せものはできますか?

虫歯の治療を行う際に削った部分を埋めるかぶせものは、銀歯やセラミックなどを入れる方法と、CR(コンポジットレジン)と呼ばれる樹脂で埋める方法がります。どちらを選択するかによって、歯の被せものは当日できる場合と、できない場合があります。銀歯を作る場合は当日にはできませんし、CRを使用した場合には当日に被せものができます。この違いは治療した箇所やどの歯を治療したかによります。
CRで治療が行えるのは、狭い範囲小さい虫歯に限定されます。広い範囲をCRで埋めようとすると、被せものが縮んで隙間から虫歯が再発してしまったり、割れてしまう場合がります。また、歯と歯の間の広い範囲に虫歯が出来てしまった場合もCRではなく、銀歯やセラミックなどのかぶせものをする場合が多いです。
他には、大臼歯(奥歯の大きな歯)などに虫歯ができて削った場合も、銀歯を入れることが多いです。なぜなら、大臼歯は噛む力が強いので金属でないと被せものが噛む力に負けて割れてしまう可能性があるからです。
CRでの治療は当日に終わりますが、適応範囲があることと、変色する素材なので定期的なメンテナンスが必要です。当院では患者様と相談してどのかぶせものにするか決めています。銀歯は丈夫ですが目立ってしまいますし、セラミックは審美性に長けていますが耐久性は高くありません。それぞれの特性を丁寧に説明し、患者様に納得していただいた上で治療を行っています。


世田谷区下高井戸駅から徒歩3分、駅から近い高峰歯科医院は
平日夜間や土曜日・日曜日も開いてる歯医者です。
虫歯・歯周病など歯の治療や、ホワイトニング・インプラントなど
歯のことでお悩みの方は、一度当歯科医院にご来院ください。

ご予約は03-3321-4180までお電話ください。