歯磨剤はなぜひつようですか?

こんにちは!スタッフのSです。今回は「歯磨剤はなぜ必要ですか?」という質問にお答えしたいと思います。
歯磨剤は一般的には歯磨き粉と呼ばれています。大人用の歯磨き粉にはミント系のスース―する成分が入っているものが多く、味も苦いなどの理由から、苦手だという方もいらっしゃいます。歯ブラシで丁寧にケアするだけでは足りないのでしょうか。また、歯磨剤は口内清掃においてどのような役割を果たすのでしょうか。

歯ブラシの使用のみでも、ある程度の清掃は行えます。しかし、自分の手ではなかなか清掃しにくい位置にある歯や、歯と歯茎の隙間などにはなかなか行き届きません。また、こびりついてしまった汚れや歯垢などは、自分の力だけでは落とせません。そういった清掃の手伝いの役目を果たすのが歯磨剤です。実際、現・厚生労働省発行の「歯口清掃指導の手引き」にも、「歯磨剤は歯ブラシと併用して、歯口清掃の効果を高めるための材料」と、このようなことが記されています。

歯磨剤には基本成分、薬用成分が配合されています。その他にも着色をするための成分が含まれていることがありますが、口内浄化のために用いられるのは先述の2つです。基本成分としては清掃剤、湿潤剤、発泡剤、粘結剤、保存剤、香味剤が含まれます。清掃剤はその名の通り、歯の清掃に役立つ成分で、歯の表面の汚れを除去するものです。主にリン酸水素カルシウムや水酸化アルミニウムが用いられます。湿潤剤は口内に潤いを与える成分で、グリセリンやソルビットなどが使われています。発泡剤は歯磨剤を口内全体に行きわたらせる働きがあります。ラウリル酸が主に使用されています。粘結剤は歯磨剤の粘度を出すものです。カルボキシメチルセルロースナトリウムやアルギン酸ナトリウムなどが用いられます。保存剤は歯磨剤は変質を防ぐ働きがあります。パラベン類が広く使用されています。香味剤は爽快感をあたえるもので、歯磨剤がスース―する原因のものです。メントール、ミント類が主に使用されています。

歯磨剤にはこのような効果の他に、口臭を防いだり、口内全体を清潔にする機能もあります。また、歯磨剤の種類によってはこれらの効果に加え、虫歯予防、歯周病予防、こびりついたタバコのヤニの除去などの効果があるものもあります。自分自身の歯の状態と相談しながら、適切な歯磨剤を使用することでより高い効果が見込めます。

最近ではあまりスースーしない歯磨剤も販売しています。自分に合った歯磨剤を使い、歯を健康に保ちましょう。

一方で一般的な歯磨剤には味や香りがつけられています。なぜ歯磨剤には味と香りが必要なのでしょうか。
それは歯磨剤が口腔内の汚れを取り除くという役割だけではなく、口腔内をすっきりとさせ爽快感を与える役割を持っているためです。
すーっとする働きのあるハッカが、歯磨剤の香味料として古くから用いられてきました。

また、前述したとおり歯磨剤は基本成分や薬用成分などの様々な成分で構成されています。これらの成分の中には特有のにおいや味が含まれているものもあります。歯磨剤に入れる香味料にはそれらの特有のにおいや味を和らげて歯磨剤を使いやすくするという役割も持っています。
したがって、口の中をすっきりさせるため、そして歯磨剤の成分のにおいや味を和らげるために一般的な歯磨剤には味や香りがつけられています。



世田谷区下高井戸駅から徒歩3分、駅から近い高峰歯科医院は
平日夜間や土曜日・日曜日も開いてる歯医者です。
虫歯・歯周病など歯の治療や、ホワイトニング・インプラントなど
歯のことでお悩みの方は、一度当歯科医院にご来院ください。

ご予約は03-3321-4180までお電話ください。