入れ歯の調整

こんにちは!スタッフのKです。今回は、歯茎がやせて入れ歯があわなくなってしまいました。なおせますか?という質問が来たのでお答えしたいと思います。歯茎は加齢とともに痩せてきてしまいます。また歯ぎしりでも歯茎に負担がかかり痩せてしまう場合もあります。歯ぐきが痩せてしまうと入れ歯と歯茎の間に空気が入って緩くなるので修理が必要です。質問にもあったように修理方法なのですが、主に2つあります。まずはあまり歯茎が痩せていない状態の場合だと歯茎に付く面に同じ素材を足して盛り足すという方法になります。これは、今の状態で歯型を取り、調整します。もう一つは、作り直しです。あまりお勧めはしませんが、入れ歯安定剤を入れて安定させるという方法もあります。これは一時的に安定しますが、歯茎に不均等に圧がかかり顎の骨が痩せてしまったり、成分が合わないと、口に炎症が起きてしまう場合もあります。なので、なるべく作り直す方法をおすすめします。大きく歯に影響が来る前に定期的にメンテナンスをするよう心がけてみてください。

次に「ノンクラスプデンチャー」についてお話します。皆さんはノンクラスプデンチャーという言葉を耳にされたことがありますでしょうか?多くの方にとって聞きなれない言葉かと思われますが、ノンクラスプデンチャーとは、金属のバネを使わない目立たない入れ歯の総称のことを指します。入れ歯を装着した際に入れ歯が目立ってしまう原因は金属のバネにあります。多くの場合、入れ歯のバネ部分には銀色の金属が使われますので、前歯など目立つ歯の入れ歯は笑った時などに目立ってしまうことがあります。ノンクラスプデンチャーでは入れ歯を支えるために金属のバネの代わりに樹脂をつかいます。樹脂は歯ぐきと同じ色に着色しますので、笑った時にも入れ歯をしていると気づかれにくいという特徴があります。また、金属を使わないため、金属アレルギーをお持ちの方にも安心してお使いいただけます。重さも金属を使う入れ歯の役半分の重さになります。デメリットとしては、保険適用外であるために通常の入れ歯よりも費用が高くなってしまうことが挙げられます(大きさなどにもよりますがおおよそ15万円ほどです)。

ノンスクラプデンチャーのメリットとしては、弾性が強い樹脂素材を使用しているために噛むことで壊れてしまうのが少ないという事が挙げられます。通常の入れ歯に使用される樹脂よりも更に強度の高い素材を使用しています。そのため、本体が壊れてしまう事は勿論、自身の歯も傷つけることが無いのが大きな利点の一つです。更に、軽く薄い造りになっているので、装着時の違和感が薄いというのもメリットの一つです。他にも、臭いや汚れが付きにくいことや審美性に優れていることなどがあります。また、ノンクラスプデンチャーのデメリットとしてはやはり保険が適用されないことが挙げられます。料金が通常のものより多くかかってしまうので、メリットなどを検討しながら慎重に決めましょう。

世田谷区下高井戸駅から徒歩3分、駅から近い高峰歯科医院は
平日夜間や土曜日・日曜日も開いてる歯医者です。
虫歯・歯周病など歯の治療や、ホワイトニング・インプラントなど
歯のことでお悩みの方は、一度当歯科医院にご来院ください。

ご予約は03-3321-4180までお電話ください。