針金のない入れ歯と保険の入れ歯の違い

こんにちは!スタッフのMです。今回は針金のない入れ歯と保険の入れ歯についてお話したいと思います。
保険の入れ歯は針金が入っているので銀色の部分が見えてしまい、目立ちます。針金のない入れ歯というのはノンスクラプデンチャーといって、針金の部分が歯肉の色になじむピンク色の樹脂を使っているものです。そのため入れ歯をあまり目立たせずに装着することができます。金属を使用していないので金属に敏感な方でも安心して使用いただけます。この入れ歯は保険外なので価格は約12万~40万です。材質に柔軟性があるため、入れ歯が動きやすく支える歯を駄目にしてしまう、歯肉や骨にダメージを蓄積してしまう、過度な衝撃や噛み合わせによって壊れてしまうというリスクがあります。また、保険の入れ歯に比べて調整や修理がしにくいです。他にも保険の入れ歯との違いで大きいのは、重さになります。保険の入れ歯が金属を使用しているのに対し樹脂を使用しているノンクラスプデンチャーは保険の入れ歯に比べて重さが約半分になります。

世田谷区下高井戸駅から徒歩3分、駅から近い高峰歯科医院は
平日夜間や土曜日・日曜日も開いてる歯医者です。
虫歯・歯周病など歯の治療や、ホワイトニング・インプラントなど
歯のことでお悩みの方は、一度当歯科医院にご来院ください。

ご予約は03-3321-4180までお電話ください。