歯のクリーニングって痛いの?

こんにちは。高峰歯科スタッフのOです。今日は歯のクリーニングって痛いの?という疑問にお答えします。歯の健康を保つために、定期的に歯医者さんで歯のクリーニングや検診を受けるのはとても大切ですが、クリーニングには痛みが出てしまうことがあるのでしょうか。

歯のクリーニングで痛みが出る場合
歯茎の腫れがあったり、冷たいものや熱いものがしみてしまう知覚過敏があると歯のクリーニングを受けた際に痛いと感じてしまう場合があります。また、歯のクリーニングでは普段の歯磨きでは取る事のできない「歯石」と呼ばれる汚れを専用の器具で除去するのですが、歯石が多い場合にも痛いと感じてしまう場合があります。当院の歯のクリーニングおよび歯科検診では、患者様に痛みの状況を聞きながらなるべく痛みを感じないように施術します。歯茎の腫れを抑えたり、歯石を少なくするための正しいブラッシング方法からレクチャーしますので大丈夫です!

歯のクリーニングの内容
歯垢やプラークなどが歯に溜まると歯肉炎の原因になり、歯周病を引き起こす可能性があります。歯を清潔に保ち歯肉炎などのお口のトラブルを予防するためには毎日のご自宅での歯磨きがとても大切ですが、歯に付着した汚れの中には歯ブラシや歯間ブラシ、デンタルフロスでは取り切れないものがあります。歯の隙間や歯の裏側など、ご自分ではケアしにくい場所に溜まった汚れは「歯石」といって歯ブラシでは取り除くことのできない硬い汚れに変化してしまいます。歯医者さんで受けられる歯のクリーニングでは歯石を含め、歯の汚れを特殊な専用の器具を用いて除去することができます。毎日のご自宅でのブラッシングと、歯医者さんで受けられる歯のクリーニングを定期的におこなうことにより歯と歯茎を清潔に、健康に保つことができます。また、歯医者さんでの歯のクリーニングでは丁寧に着色汚れも落としますので、ご自身の歯本来の白さに近づけることができます。(ただし、歯のクリーニングは歯のホワイトニングとは異なります。ホワイトニングは薬剤で歯を白くしますが、クリーニングでは汚れを落とすのみですので、着色汚れは落とせても歯の本来の白さ以上には白くすることができません。)

世田谷区下高井戸駅から徒歩3分、駅から近い高峰歯科医院は
平日夜間や土曜日・日曜日も開いてる歯医者です。
虫歯・歯周病など歯の治療や、ホワイトニング・インプラントなど
歯のことでお悩みの方は、一度当歯科医院にご来院ください。

ご予約は03-3321-4180までお電話ください。