歯周病と診断されたのですが、歯周病とはなんですか?

こんにちは!スタッフのSです。今回は「歯周病と診断されたのですが、歯周病とはなんですか?」という疑問にお答えしたいと思います。
よく耳にする歯周病ですが、名前だけではいまいちどんなものかわかりずらいですよね。歯周病とは具体的にはどういった症状なのでしょうか。

歯周病は別名、歯槽膿漏(しそうのうろう)と言います。簡単にいうと、口腔内にいる細菌などに感染し、炎症を起こすものです。この炎症は歯と歯の隙間や歯と歯茎の隙間に溜まった歯垢が主な原因で、歯茎が腫れたり、歯の土台となる部分まで感染すると、歯を支えている歯槽骨がなくなってしまい、支えてるものが減ってくると歯がぐらついてしまうようになってしまいます。そうなってしまった場合、抜歯しなければいけなくなることもあります。つまり、症状が進んでしまうと歯を失ってしまう事があるという事です。

ではどのような対策をすれば歯周病は防げるのでしょうか。歯周病は虫歯と同じく、日々のブラッシングによるケアがとても重要です。特に歯周病を防ぐには歯と歯茎の間を重点的に、磨き残しが無いようにしましょう。歯ぎしりや強く噛みしめることも負担になるので気を付けるようにしましょう。不規則な生活習慣や喫煙習慣も要因となりますので、規則正しい生活を心がけてください。




世田谷区下高井戸駅から徒歩3分、駅から近い高峰歯科医院は
平日夜間や土曜日・日曜日も開いてる歯医者です。
虫歯・歯周病など歯の治療や、ホワイトニング・インプラントなど
歯のことでお悩みの方は、一度当歯科医院にご来院ください。

ご予約は03-3321-4180までお電話ください。

Recommend