ホワイトニングはどれぐらい維持できるか。

こんにちは!スタッフのKです。今回はホワイトニングの効果はどれくらい持続するのかという事についてお話したいと思います。
持続期間は種類によって異なり、ホームホワイトニングの場合は1年、オフィスホワイトニングの場合は3ヵ月~6ヵ月、デュアルホワイトニングというホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを合わせて行う方法だと1年以上と言われています。しかし、一日の歯磨きの回数や時間、飲食物、たばこなどの様々な原因によって効果は変わってしまいます。より長持ちさせるために、歯の汚れの原因となる着色の強いものを摂取した後は口をゆすぐ、研磨剤の強い歯磨き粉は歯を傷つけてしまうので使用は避ける、歯の定期健診を行ってクリーニングをしたり定期的に様子を見る事が大事です。また、より効果を強めたい人はタッチアップホワイトニングと言われる、一度したホワイトニングが落ち始めた時にもう一度追加で行うという方法をおすすめします。

ホワイトニングの効果を持続させるにはいくつかの効果的な方法があります。前述したとおり、定期的にホワイトニングをおこなうことによって白い歯を持続させることができます。このほかには歯医者さんでクリーニングをしてもらうというのも効果が見込めます。クリーニングとは歯の表面に付着した着色汚れを専用の薬剤や機械を用いて落とす施術です。ホワイトニングほど劇的な効果はみられませんが、歯の表面に付着した汚れを落とす効果が得られます。
さらに、ホワイトニングの効果を持続させるためには食生活を見直すことも大切です。たとえばコーヒーや紅茶などの着色しやすい飲み物を毎日飲まれている方、たばこを毎日吸う方などはこれらを控えることによってホワイトニングの効果を持続させ、白い歯をキープしやすくなります。ホワイトニングの手法によってはそれらの着色しやすい飲食物をしばらく控えなければならないものがありますので、ぜひ歯科医師に相談してみてください。

次に詰め物のしてある歯のホワイトニングについてお話します。変色した歯でもホワイトニングをすれば歯を白くすることはできますが、実は詰め物や被せ物のしてある歯はホワイトニングをすることはできません。同じように入れ歯やインプラントもできません。しかし、詰め物をしているから歯を白くすることは不可能、なんて理不尽だと思いませんか?実は詰め物がある人でも歯を白くすることができる方法があります。それがセラミック歯です。芸能関係の方も多くの方がセラミック歯です。セラミック歯というのは、簡単に言えば被せ物です。元の歯を小さく削りその上から被せることで白い歯を手に入れることができます。セラミック歯は数回の治療で完了させることができます。またセラミック歯の特徴はお好みの色や形に仕上げることができるところです。セラミック歯は歯を被せるため歯並びも良くなる場合が多いです。そのため急に歯が白くなり歯並びがよくなった方がいれば恐らくセラミック歯で歯を綺麗にしたのだと思います。
詰め物や被せ物などがあっても歯を白くすることをあきらめる必要はありません。自分に合った方法で素敵な歯を手に入れましょう。

世田谷区下高井戸駅から徒歩3分、駅から近い高峰歯科医院は
平日夜間や土曜日・日曜日も開いてる歯医者です。
虫歯・歯周病など歯の治療や、ホワイトニング・インプラントなど
歯のことでお悩みの方は、一度当歯科医院にご来院ください。

ご予約は03-3321-4180までお電話ください。