上手な歯磨きの仕方は?


歯磨きのコツ①隙間を丁寧に磨きましょう!
皆さんは毎日どのように歯磨きをしていますか?歯のブラッシングは毎日のことですから「上手な歯磨きの仕方」を知っておくことは歯科予防の観点からとても有効です。前歯は平べったい形をしていて磨くのが簡単そうに見えますが実はとても立体的で一本一本形状が異なります。歯医者さんなどで、歯に付着した歯垢を赤く染める染色剤を使ったことのある方も沢山いらっしゃると思いますが、意外と前歯も赤く染まってしまうということはよくあります。
特に歯垢が溜まりやすいのは歯と歯茎の間や歯と歯の隙間などです。したがってそれらの隙間に歯ブラシの毛先をあてて丁寧に磨くことが大切です。

歯磨きのコツ②優しい力で磨きましょう!
一生懸命に汚れを落とそうとして力が入ってしまうのはNGです。強い力で歯を磨くと摩擦で歯が削れてしまう可能性があるのです。力を込めたせいで一気に削れてしまう、なんてことはないのですが、研磨剤の入った歯磨き粉を使用して強い力を込めて毎日磨き続けると歯の表面が徐々に削れていってしまいます。ごしごしと力いっぱい磨くよりも、毛先が歯の表面にしっかり当たっている状態で優しく磨く方が結果的に綺麗になると言えます。このとき小刻みに歯ブラシを動かしてブラッシングすることで効果的に汚れを落とすことができます。

歯磨きのコツ③3分以上時間をかけて丁寧に磨きましょう!
何分以上磨けば大丈夫、という基準や決まりはありませんが、正しい方法でブラッシングしたときには大体3分間は時間がかかるとされています。きっちり計る必要はありませんが、3分以上時間をかけて丁寧に磨くことを心がけましょう。

歯磨きのコツ④歯磨き粉を使いましょう!
皆さんは歯磨きのときには歯磨剤(歯磨き粉)を使われていると思います。今や歯磨きにはなくてはならない歯磨剤ですが、歯磨剤は必ず使わなければならないものなのでしょうか?答えはYESです。歯磨剤がなくても丁寧に時間をかけてブラッシングをおこなえば歯垢の除去と歯茎のマッサージには効果があります。しかし歯磨剤を使わないことによって、だんだんと着色汚れが目立つようになってきます。これは、歯磨剤を使わない場合には紅茶、珈琲、お茶による着色汚れの除去が不十分になってしまうためです。
歯磨剤を用いることによって珈琲などの着色汚れを落とす効果が見込めます。歯磨剤の中には歯の汚れを落とす効果を高める成分や泡立てる成分が含まれています。したがって歯磨剤を使うと、ブラッシングによって汚れを落とす効果を高めることができるのです。また、薬効成分などが入っている歯磨剤を使用すると歯周病の予防効果や虫歯の予防効果が期待できますので、目的に応じた歯磨き粉を使うことがとても大切です。
歯磨剤を使用すると、汚れがよく落ちるので、その分歯磨きの時間短縮になるのではないかと考える方がいらっしゃいます。つまり、歯磨剤を使用するとよく磨いたような気持になるので歯磨剤を使わない歯磨きを推奨されている/実行されている方がいらっしゃいます。歯磨剤の性質上、清涼感や泡立ちからそのような感覚が得られてしまうことがそういった考え方にしてしまう原因になっていると考えられます。しかし実際にはあまり歯磨きの時間に差が出るというようなことはありません。歯磨剤の使用の有無は、個人の歯磨き時間に影響をきたさないため、「歯磨剤を使用すれば磨く時間は短くて済む」「歯磨剤は歯磨きの時間を短縮させるものである」といった認識は誤りです。歯磨剤は歯磨きをするうえで重要なアイテムですので、きちんと自分にあった歯磨剤を選んで歯磨きを行いましょう。



世田谷区下高井戸駅から徒歩3分、駅から近い高峰歯科医院は
平日夜間や土曜日・日曜日も開いてる歯医者です。
虫歯・歯周病など歯の治療や、ホワイトニング・インプラントなど
歯のことでお悩みの方は、一度当歯科医院にご来院ください。

ご予約は03-3321-4180までお電話ください。