虫歯の治療ってどうやってやるの?

虫歯できてしまって不安になってるかたへ
虫歯の治療法をせつめいします。
虫歯がおおきくわけてC1,C2,C3,C4にわけられます。おおきさによってちがいます。

第一段階:C1
まずは第一段階のC1について説明します。エナメル質の中に細菌が入り込んでしまって穴が空いているという状態です。まだこの段階では痛みは感じません。治療法としては虫歯の侵食されてしまった部分を取り除いて詰め物をします。CRという素材を使う場合が多いのですが、専用の光を当てて固めます。その後形を整えて研磨したら完了です。1度で治療が終了しますが、強度があまり強くないというデメリットがあります。
他にも2つ方法があり、インレーという部分的に詰め物をするものと、クラウンという歯全体を覆う被せ物があります。どちらも仮のふたをするので2~3回に分けて治療されます。これは先ほどのCRよりも強度があり、大きな虫歯にも対応することができます。また、最近では削らない治療法も開発され、オゾンという気体を歯に当てることで殺菌して虫歯を治すという方法もあります。

第二段階:C2
次に第二段階のC2について説明します。歯は多層構造からできています。エナメル質の下には象牙質と呼ばれる層があります。エナメル質が虫歯によって浸食され、象牙質まで到達してしまった状態をC2と言います。象牙質には細かい穴が空いており、冷たいものや熱いもの、甘いものの刺激がこの穴を通して神経まで伝達されてしまうため、C2まで虫歯が進行してしまうと歯の痛みや歯に染みる感じを感じるようになります。さらに、象牙質はエナメル質よりも柔らかいために虫歯の進行が早くなります。
虫歯がC2まで進行してしまった場合、まず侵食された象牙質を除去し、開いた穴にレジンと呼ばれるプラスチック材を詰めます。こちらは保険診療の素材です。奥歯の場合は銀歯を詰めます。保険診療ではこの銀歯は「金銀パラジウム合金」がよく使われます。自由診療の場合は治療痕が目立ちにくく丈夫なセラミック材や歯と硬度が似ているという点で優れている金歯などで穴を埋めることができます。

第三段階:C3
虫歯の第三段階はC3と呼ばれます。この段階は、中度から重度の虫歯になります。C2に比べてさらに深く、歯髄と呼ばれる歯の神経にまで達しているのが特徴です。この痛みは、食べ物や飲み物に左右されず、常にかなりの痛みが続きます。このC3の虫歯は、歯髄が生きていた場合でも大きな回復は見込めないため、神経を抜く治療を行います。虫歯になった歯を大きく削り取り、歯の噛み合わせに当たる部分に穴を開けて歯髄を取り除きます。穴の中には充填剤を詰めて上にフタをして被せます。
基本的には以上のような治療が行われますが、歯髄を取り除かずに治療する方法もあります。ドッグペストセメントという材料を用いる方法で、このセメントを虫歯の箇所に当てることで殺菌治療を行うというものになります。これを用いた歯は、虫歯が再発してしまうリスクも低いとされています。しかし、歯の状態などにもよるので、全てのC3の虫歯に適用できるわけではありません。

第四段階:C4
虫歯の第四段階はC4と呼ばれます。この段階は重度の虫歯です。歯冠が崩壊し、歯槽骨まで虫歯が到達してしまった状態のことをC4と言います。虫歯菌が歯槽骨まで達すると歯槽骨に虫歯菌の病巣ができて、歯茎が腫れてしまいます。C4まで虫歯が進行してしまった場合、C3のときにあったずきずきと歯が痛む「歯髄炎」による痛みはほとんど感じなくなってしまいます。これは歯髄炎が治ったからではなく痛みを通り越してしまった状態ということなので、とても危険な状態です。他にも、食べ物が患部に当たった場合のみ痛みを感じるというケースもあります。C4の虫歯で恐ろしいのは、口腔内の不調にとどまらず虫歯が全身に悪い影響を与えてしまう事があるという点です。この状態を歯性病巣感染(しせいびょうそうかんせん)と言います。
C4の虫歯を治療する場合の多くは抜歯をおこないます。抜糸をする場合は必ず麻酔をしてから行います。ただし、C4の虫歯であってもまだ歯の健康な部分が残っているという場合では、抜歯をせずに治療することが可能になることもあります。抜糸をせずに治療する場合は、C3と同様の治療法になります。



世田谷区下高井戸駅から徒歩3分、駅から近い高峰歯科医院は
平日夜間や土曜日・日曜日も開いてる歯医者です。
虫歯・歯周病など歯の治療や、ホワイトニング・インプラントなど
歯のことでお悩みの方は、一度当歯科医院にご来院ください。

ご予約は03-3321-4180までお電話ください。