虫歯になりやすい人とは①?

こんにちは!スタッフのKです。今回は虫歯になりやすい人についてお話したいと思います。
まずは虫歯の原因についてお話します。虫歯はストレプトコッカス・ミュータンスという虫歯菌によって起こります。この菌は食べかすや磨き残しに含まれる糖分を代謝して乳酸を作ります。この乳酸が歯を溶かすことによって虫歯が作られます。では虫歯菌はどこに隠れているのかというとプラークの中にいるのです。プラークは歯の表面についた白いカスのようなこれは歯周病の原因菌やカビ金なども潜んでいるので虫歯だけでなく他の口内の病気にもつながってしまいます。
虫歯が起こるには細菌、歯の質、食べ物の3つの要因があります。まずは細菌ですが先ほど書いたようにミュータンス菌の事です。次に歯の質ですが、菌に負けないような強い歯であれば歯に穴があかず、虫歯にはなりません。最後に食べ物についてですが、よく聞くように甘いものに含まれる糖分は乳酸を作る原因になってしまうので多量摂取せずプラークを作らないようにすれば虫歯はできません。

では本題の虫歯になりやすい人についてお話します。
いくつかあるのですが、まずは歯磨きをしない人です。1日1回、またはそれ以下の人は歯に食べカスが残ったままになり、プラークも付いてしまいます。となると、虫歯を作るミュースタンス菌も増えてしまうわけなので当然虫歯になりやすくなります。また、歯磨きをしていても不十分だと意味がありません。しっかり汚れを落とすように磨くことが大切です。特に歯と歯の間は汚れが溜まりやすいので気を付けてみがくようにしてください。次に、甘いものを好む人も虫歯になりやすいです。先ほど説明したように菌も甘いものを好んで乳酸を作るので甘い食べ物は厳禁です。ここまではよく聞く話だと思いますが、他には、ダラダラ食べることも虫歯に繋がります。これはどの食べ物でも1日に何度も歯を磨かず食べ続けると汚れが蓄積されてしまうからです。なるべく食事ごとに歯磨きをし、汚れを取るのが良いでしょう。また、実は口呼吸の方も虫歯になりやすいそうです。口があいていると唾液が蒸発し、口内が乾燥します。唾液には口の中の汚れを流す自浄作用、細菌の活動を抑える抗菌作用、溶かされ始めた歯を修復する再石灰化作用など虫歯を防ぐための重要な働きがあります。しかし、口呼吸により唾液が奪われ、大事な働きが失われてしまいます。歯磨きの事に関係があるのですが、歯並びが悪い方も、虫歯のリスクが高まります。歯並びが良くないと歯磨きがしづらく、歯ブラシが届かないところが出来てしまうので、歯間ブラシを使ったりして磨き残しのないように注意してみてください。

虫歯になりやすいかどうかを調べる唾液検査というものがあります。
・虫歯菌が多いか少ないか
・唾液の酸性度
・口内を中和させる唾液の力
・白血球
・タンパク質
・口内の清潔度
この6項目を調べることで口の中の状態を知り、虫歯になりやすくなっていないか確かめることができます。
虫歯になりにくくするためには、まずは歯磨きからしっかりやってみてください!

世田谷区下高井戸駅から徒歩3分、駅から近い高峰歯科医院は
平日夜間や土曜日・日曜日も開いてる歯医者です。
虫歯・歯周病など歯の治療や、ホワイトニング・インプラントなど
歯のことでお悩みの方は、一度当歯科医院にご来院ください。

ご予約は03-3321-4180までお電話ください。