歯の根の治療の際にやはり抜歯しないとダメといわれました。どうすればよいでしょうか?

こんにちは!スタッフのSです。今回は「歯の根の治療の際にやはり抜歯しないとダメといわれました。どうすればよいでしょうか?」という質問にお答えしたいと思います。
抜歯するかしないかは、歯科医の判断によるものもおおいです。すぐ抜いてしまう先生もいればなるだけ抜かない先生もいます。どちらがいいとかわるいとかはそれぞれ先生の見解もあるので非常に判断はむずかしいです。
永久歯は一度抜いてしまうと二度と再生しない歯です。そのためできるだけ抜歯は避けたい、自分の歯を残しておきたいと思う方がほとんどでしょう。なるべく抜歯をしたくないと思っていても、歯の状況次第では抜かないといけないことがあります。なぜ歯を抜かないといけないのか、また、抜いた後はどのような治療を行うのかについてお話したいと思います。

まず、抜歯をしなくてはならない状態は
①歯の根が折れている場合
②根尖病巣が大きい場合
があります。①歯の根が折れるというのは、噛む力が強すぎたり、金属が入っていることで強い負荷がかかり、もろくなって歯の根っこが折れてしまう事を指します。②の根尖病巣とは、根尖性歯周炎とも言い、歯根の奥で炎症が起きたり、膿が溜まったりしてしまうものです。これが大きくなってしまうと、他の歯にも影響が出てきてしまうので抜歯をしなければならなくなります。

歯を抜いた後にはいくつかの処置があります。
①取り外しの入れ歯
②インプラント
③隣の歯を削って橋を架ける
取り外しの入れ歯はおじいさんやおばあさんがよくしているような一般的な入れ歯と同じで必要な時に装着し、使わない時(寝るときなど)は除菌して保管しておくものです。インプラントは人工チタンという金属を骨の中に打ち込むもので、見た目は自分の歯と変わらないのがメリットです。隣の歯を削って橋を架けるというのは、ブリッジと呼ばれる方法で、隣接する歯の土台を借り、人工で作った歯を繋げるものになります。


抜歯をせず、自分の歯をなるべく保てることがいちばんなので、セカンドオピニオン(他の先生の意見)を聞いてみて納得されるのがよいとおもわれます。





世田谷区下高井戸駅から徒歩3分、駅から近い高峰歯科医院は
平日夜間や土曜日・日曜日も開いてる歯医者です。
虫歯・歯周病など歯の治療や、ホワイトニング・インプラントなど
歯のことでお悩みの方は、一度当歯科医院にご来院ください。

ご予約は03-3321-4180までお電話ください。