歯はなぜ黄ばむか?

こんにちは!スタッフのKです。本日は歯はどうして黄ばむのかという疑問にお答えしたいと思います。
歯が黄ばんでしまう理由は大きく外部要因、内部要因、加齢、の3つにわけられます。まずは食べ物や飲み物による外部要因についてお話します。みなさんが想像するような黄色い汚れはステインという、飲食物に含まれている色素やたばこのヤニが唾液のたんぱく質と結合して歯に付いたものです。時間が経過し、溜まっていたステインがエナメル質まで浸透することにより黄ばみにつながります。色の濃い飲食物を摂取することや、歯の表面が乾いていることはステインを増やすきっかけになるので気を付けましょう。また、たぼこのヤニはステインよりも粘着力が強いのでより歯が黄ばみやすくなってしまうので更に注意が必要です。
次に内部要因についてです。本来の歯の色は内部にある象牙質によって様々です。象牙質というのは黄色い色をしているのですが、表面を覆うエナメル質の厚さや象牙質の色が異なるため人それぞれの歯の色があるのです。
最後に、加齢が原因になる場合についてお話します。これは内部要因と元となる原因は同じで象牙質が見えやすくなることにあります。年齢とともにエナメル質がすり減り象牙質が厚くなっていくことで歯が黄ばんで見える、というわけです。
 
ホームホワイトニングでは、それらの黄ばみを薄くし、歯を白く美しく魅せることが可能です。ホームホワイトニングとは、個人の歯の形に合わせたマウスピースを作成し、その中に専用の薬を流し込みます。そのマウスピースをはめ込むことで、徐々に歯を白くするというものです。マウスピースに入れる薬には主に過酸化水素と過酸化尿素という成分が含まれています。この成分が黄ばみの元となっている歯の着色物を分解して透明にしてくれるというはたらきがあり、これによって歯を白くするという仕組みです。特にホームホワイトニングではそれらの成分が低濃度な薬品かつ長期間で行うため、半永久的に白さを保つことができる他、低濃度の薬品なので大量に使わない限りは安心して使うことができます。
 
もう一つ歯を白くする方法があって、それはオフィスブリーチングというものです。ブリーチングとはホームホワイトニングにも含まれる過酸化水素や過酸化尿素などを使って漂白するものです。ホワイトニングよりも強い薬を使用し、光を当てるということを繰り返すことによって歯を白くします。方法としては、歯の神経を取り歯の裏面に穴を開け、その上にブリーチング剤を湿らせた綿球に入れて蓋をします。そうすることによって歯の内部の組織の色素を分解することで歯が漂白されます。過酸化水素や過酸化尿素は漂白濃度が高いので浸透してくると歯の水分を吸収するので激しい痛みを感じることもあります。また、薬剤により脱水症状になった歯は外部からの成分を吸収しやすい状態なので、ブリーチングをした直後は何を食べるかなど口に含むものに注意が必要です。結果として元の歯の色の象牙質の色に近づけるホワイトニングに対し、ブリーチングは漂白といった形を取ります。ブリーチングは比べると、費用は掛かるが効果が表れるのが早いという違いもあるのでどの方法選ぶかは自分に合わせて考えてみてください。

世田谷区下高井戸駅から徒歩3分、駅から近い高峰歯科医院は
平日夜間や土曜日・日曜日も開いてる歯医者です。
虫歯・歯周病など歯の治療や、ホワイトニング・インプラントなど
歯のことでお悩みの方は、一度当歯科医院にご来院ください。

ご予約は03-3321-4180までお電話ください。