一般歯科(むし歯・歯周病)

虫歯治療

虫歯は、細菌によって歯が溶かされ、欠けてしまう感染症のことです。大きく欠けてしまった場合は、感染してしまった虫歯の部分を取り除き、無くなってしまった部分を銀やプラスチックなど、他の物で補う必要があります。虫歯になってしまった歯の位置や、どれくらい歯が欠けてしまったかによって、治療する方法も異なってきます。

当院では、なるべく歯を削らない治療をこころがけています。欠損部分を補うための素材にもこだわり、患者さん一人一人に適した、丁寧な治療を行います。また治療の際には、なるべく痛みを軽くできるように工夫をしています。例えば麻酔注射を行う前には、針を注射する間に液体の表面麻酔を塗布することで、注射の痛みを軽くします。

虫歯のはじまり
()

表面のエナメル質が溶け虫歯が始まった状態〈C1〉 エナメル質が溶けて、黒から茶色に変色し、虫歯が始まります。
虫歯になっている部分をけずり、白い詰め物や銀などであなをおぎないます。虫歯が小さいときには1かいでおわることもあります。

エナメル質とは、歯の白い部分のことです。
毎日の歯のお手入れを行い、虫歯がまたできないようにご説明いたします。

虫歯が象牙質まで達した状態〈C2〉 虫歯がエナメル質、象牙質まで進行した状態です。
象牙質とは、エナメル質の下にある部分のことです。象牙質は、たので、エナメル質が溶けて象牙質まで虫歯が進行した場合、虫歯の進行がはやくなります。自覚症状としては、痛みが出ることが多いです。

治療では、侵食された部分を削り、欠けた部分をプラスチックなどの詰め物で補います。

虫歯が歯髄にまで進行し大きな穴が開いた状態〈C3〉 虫歯が歯髄にまで達してしまい、変色し穴が開いてしまいます。
歯髄とは、歯の神経のことです。この神経の部分まで虫歯が進行してしまうと、激しい痛みを感じることがあります。歯髄まで感染が及んでしまうと、細菌によって神経が死んでしまったり、または痛みに耐えきれず治療で神経を取る処置をする場合があります。そして、歯髄と象牙質の感染部分を取り除き、歯の根元の部分の治療を行います。この治療を根管治療といいます。根管治療をきちんと行えば、歯を抜かずに残すことも可能です。

歯冠部(歯の頭の部分)が溶けて、歯根だけが残った状態〈C4〉 歯冠部が溶けてしまい、歯の根っこだけが残ります。
歯冠とは、歯の頭の部分のことです。根っこは歯茎に埋まっているので、歯茎から見えている部分のことすべてを指して、歯冠部と呼びます。

この状態になると、歯髄は既に死んでしまっているため、ほとんど痛みはありません。しかし、場合によっては、歯根(歯の根っこ)の先端に膿がたまり、強い痛みを感じることもあります。歯を残すことが難しい場合もあり、抜く可能性もあります。歯を残すことができなかった場合は、インプラントや入れ歯、ブリッジなどの治療をします。インプラントは、骨に植え付ける、固定式の人工の歯の事です。入れ歯とは、お年寄りの方がよく利用している、取り外しが可能な人工の歯の事です。ブリッジとは、両隣を削って繋げる固定式の人工の歯の事です。
もちろん治療で歯を残せることもあります。その場合は根管治療を行い、詰め物をしてふたをします。

歯科治療の被せ物・詰め物(クラウン・インレー)の種類

項目 イメージ メリット 美しさ 耐久性
オールセラミック オールセラミック 最高の美しさ 美しさ 耐久性
メタルセラミック メタルセラミック 健康・美しい 耐久性 美しさ
ハイブリット
セラミック
ハイブリット セラミック 日常での自然さ 耐久性 耐久性
ゴールド ゴールド 安全・健康 耐久性 耐久性
オールセラミック
インレー
オールセラミック インレー 最高の美しさ 美しさ 耐久性
ハイブリッド
セラミックインレー
ハイブリッド セラミックインレー 自然な白さ 耐久性 耐久性
ゴールドインレー ゴールドインレー 健康 美しさ
金銀パラジウム
合金
金銀パラジウム 合金 保険適用 耐久性
プラスチック
前装冠
プラスチック 前装冠 保険適用
金銀パラジウム合金
インレー
金銀パラジウム合金 インレー 保険適用

最近おすすめのジルコニアについて

 「ジルコニア」という単語を聞いたことはありますか?ジルコニアとは白いセラミックのことで、人工ダイヤモンドとしても人気があり、強く、軽く、美しく、身体にやさしい素材のものです。現在では、歯科補正材料として、金属やメルボンドクラウンなどが広く使用されているのですが、近年などの心配がないセラミックによる歯科治療が注目されています。医科では骨の代替素材として、人工関節に使用されるほど生体親和性が高く、丈夫で安全なのが注目される大きな理由かもしれません。また、強度と靭性を持ち、耐久性、耐熱性、耐食性にも非常に優れており、金属素材にとって代わるものとして注目されています。

歯科治療に使われるジルコニア
・ジルコニアセラミック
 金属並みに強度の高いジルコニアの上に色調再現性が高いセラミックを盛って作成します。素材は表面がセラミック、ベースがジルコニアのもので、全ての歯に適応できます。変色や歯肉の変色もありません。患者さんの口腔内写真を基に、歯科技工士が色と形を細部まで作り上げるため、患者さんの歯に極めて近く仕上がり、変色することもありません。また金属を使用していないので、金属アレルギーや歯肉の退縮による被せものの境が黒ずむ心配もありません。

・フルジルコニア(ベレッツァ)
 強度が高く、金属アレルギーや黒ずみの心配のない、ジルコニアのみで作成されます。素材は全てジルコニアで出来ており、すべての歯に適応できます。変色や歯肉の変色もありません。ジルコニアは3種類のスタンダードカラーから選択でき、従来のフルジルコニアに比べ、光の透過性を15%アップし50%にすることにより、審美性のある歯を、強度を確保したうえで再現することができます。しかし、ジルコニアセラミックのようにセラミックを盛らないため、細部の再現性はジルコニアセラミックに劣ります。

・フルジルコニア(アダマンド)
強度が非常に高く、金属アレルギーや黒ずみの心配のない、ジルコニアのみで作成されます。素材はジルコニアでできており、小臼歯、大臼歯に適応できます。変色や歯肉の変色もありません。ジルコニアは3種類のスタンダードカラーから選択できます。光の透過性は41%で透明感はフルジルコニアほどは再現されません。そのため小臼歯のみの適応で、細かい審美性というよりは、強さと白さを求める方に人気です。

・ジルコニアインレー(ベレッツァ)
 約50%の高い透光性と強度を誇るジルコニアで作成したインレーです。素材はジルコニアでできており、小臼歯、大臼歯に適応できます。強度が高いため、セラミックインレーや後述のハイブリッドインレーを作成するよりも、削る量を若干少なくすることができます。従来のジルコニアの欠点であった、色調の透明感の乏しさを解消した最新のインレーです。

歯周病治療

歯周病と体全体の関係について
まず、歯周炎(歯周病)と歯槽膿漏は同じことです。また、歯肉炎というのは歯茎に限局されて、歯茎に細菌が感染し、赤くなり炎症を起こしている状態です。歯周炎とは、歯肉炎の症状が、歯茎だけではなく、歯茎の中に埋まっている、歯を支えるための骨にまで細菌が達してしまった状態です。歯周炎が進行すると、歯茎や歯を支える骨がなくなってしまい、歯を支えることができなくなってしまいます。これにより歯がぐらぐらしたり、歯が抜けてしまったりします。そして一度歯周炎になってしまうと再発しやすくなってしまうことから、生活習慣病の一種ともされています。

最近、歯周病と心臓の病気との関係が指摘されました。心臓の冠動脈の動脈が硬化されたところから、歯周病菌が検出されています。つまり歯周病は、動脈硬化や心臓の病気に影響を及ぼす可能性のある危険因子となるかもしれない、と懸念されています。動脈硬化とは、血管が固くなり、柔軟性が失われることで、血流の勢いに対応できず血栓が出来たり、血管が破裂してしまう命に関わる深刻な病気です。更に、糖尿病になる人は、歯周病が非常に悪化するといわれています。また、喫煙する人は、歯周病を悪化させるといわれています。これは、たばこを吸う人や糖尿病の人は、免疫が低下するので、歯周病菌の威力に負けてしまい、歯周病が悪化するということです。このように、歯周病は口内の病気ではなく、身体のあらゆる病気とも深い関係性があることがわかりつつあります。

歯周病

歯槽膿漏は、30代後半から歯を失うトップの原因となっています。
その理由は、自覚症状がなく進行することで、気がついた時には歯周病になっていることが多いのです。痛みがなくても定期検診を受診されるのが大事になります。

感染を取り除く治療の一方で、再感染の防止のために、生活習慣の改善を行う必要があります。歯周病はそのステージにより治療方法が変わってきます。

では歯周病の治療の流れの一例をご紹介します。
①まず、担当医によりお口の中を拝見いたします。必要があればお口全体のレントゲンをお撮りいたします。
②プローブという器具を使って歯周ポケットという歯と歯茎の溝の深さを測定します。
③歯肉より上にある歯石や歯垢を上下左右お取りします。
④もう一度②と同じような検査をします。検査をしたことによってまだ改善されていない部分は歯茎の下にある歯石などを取っていきます。それと同時にご希望であれば歯の表面のタバコやコーヒーによる汚れを取ります。
⑤再度②と同じ検査を行います。

世田谷区下高井戸駅から徒歩3分、駅から近い高峰歯科医院は
平日夜間や土曜日・日曜日も開いてる歯医者です。
虫歯・歯周病など歯の治療や、ホワイトニング・インプラントなど
歯のことでお悩みの方は、一度当歯科医院にご来院ください。

ご予約は03-3321-4180までお電話ください。